2012年4月24日

睡眠時無呼吸症候群の治療に貢献 日本初!携帯電話網による在宅医療診療支援システムを開発

帝人ファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:荒尾 健太郎)は、このたび、携帯電話網を活用することにより睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療・指導を容易にするシステム「ネムリンク」を、日本で初めて開発しました。「ネムリンク」は、医療機関と患者さん双方の負担を軽減することで、SAS治療において大きな課題となっている治療継続率の向上に効果が期待される画期的なシステムです。

CPAP治療機器に装着された通信端末

見やすく加工されたデータ解析結果


現在、当社は国内のSAS治療機器市場におけるリーディングカンパニーとして、約40%のシェアを獲得していますが、このたびの「ネムリンク」導入により、これまで以上に患者さんのQOL(Quality of Life)向上に貢献できることを期待しています。

1.背景
(1) SASは、睡眠中に呼吸停止を繰り返す病気で、激しいイビキや起床時の頭痛、日中の眠気などの症状があります。日中の眠気のため、交通事故や労働災害、生産性低下などにつながる社会的影響の大きな疾患であることに加え、呼吸停止に伴う低酸素状態が原因となって、高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などを合併し、死亡率が高まるとの報告もされています。
(2) 国内におけるSAS患者の数は年10%以上の増加を続けており、現在の顕在患者数は約20万人とされています。一方、潜在患者は人口の約3%(約300万人)存在すると推定されており、その掘り起しこが社会的な課題となっています。
(3) SASの治療方法として最も一般的であるCPAP療法(鼻マスクから気道に空気を送り、無呼吸状態を防ぐ治療法)は継続的な治療が非常に重要ですが、治療に伴う不快感や、多忙な生活の中で通院できないなどの理由から、治療の継続を断念する患者さんもおり、SAS治療においては治療継続率の向上が大きな課題となっていました。
(4)

治療継続率の向上には、SAS治療機器に記録される睡眠中の機器稼働状況など、データに基づく豊富な診療情報を活用することが有効*ですが、そのためには患者さん宅の機器からダウンロードしたデータを入手し、医療機関でそのデータを解析する必要があるため、医療機関にとって大きな負担となっています。そのため、診療時にデータを活用している医療機関は、SAS診療を行っている医療機関の30%程度とされており、治療継続率が低迷する一因となっていました。
* データを活用した診療を行う医療機関では治療継続率が80%を超える一方で、そうでない医療機関では治療継続率が50%程度に低迷しています。(当社調べ)

2.「ネムリンク」の特長
(1) 「ネムリンク」は、携帯電話網を活用する通信端末を通じて、機器の稼働状況をはじめとする様々なデータをサーバに自動送信・解析し、医療機関でのデータを活用した診療を容易にするシステムです。
(2) 送信されたデータは自動的に解析されるため、医療機関のデータ解析時間や手間を削減することができ、さらに解析結果をわかりやすく加工した形で確認できることから、睡眠専門の医療機関でなくとも、容易にデータに基づいた診療を行うことが可能となります。
(3) また、患者さん向けにわかりやすいレポートを出力する機能や、過去の指導記録、コールセンター応対履歴などの記録・閲覧機能も備えています。これらの機能を用いた適切な診療・指導を受けることにより、患者さんも治療効果を実感できることから、治療継続への動機づけとして期待することができます。

3.今後の展開

(1) 今後、当社のSAS治療機器に順次「ネムリンク」を投入します。これにより、データを活用した診療を行う医療機関が増加することで、治療継続率の大幅な向上を期待するとともに、睡眠専門医でなくとも容易に診療に活用できるデータを提供することで、SAS治療の裾野の拡大を図ります。その結果、将来的には、「ネムリンク」がSAS治療に関わる多くの医療機関に不可欠なシステムとなることを期待しています。
(2) 当社が在宅医療事業として展開している在宅酸素療法用の酸素濃縮装置では、「ネムリンク」と同様に携帯電話網を活用したモニタリング機器を既に開発・活用しています。このように在宅医療におけるIT活用を推進することにより、将来的には遠隔医療や病診連携など、より高品質な在宅医療の提供も期待できると考えています。
当件に関するお問合せ先
・報道関係のお問合せ
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

・その他のお問合せ
帝人在宅医療株式会社 在宅医療営業推進部 03-3506-4405

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。