2017年3月 9日

化学工学会賞において「女性賞」を受賞

公益社団法人化学工学会が主催する「平成28年度化学工学会賞」において、帝人グループ技術主幹(*)の 神山 三枝 が「女性賞」を受賞しました。
(*)帝人グループ技術主幹: 帝人グループの重要な技術開発領域で卓越した成果実績を有し、且つ当該領域における帝人グループの第一人者として技術開発力および見識を有し、創造、深耕、展開をリードしていくことのできる人財として認定された技術者。

jbd170309.jpg

「女性賞」を受賞した神山三枝(右)

化学工学会賞の「女性賞」は、同学会発足75周年を記念して創設された賞で、化学工学または化学関連産業に関わる、主として技術上の優れた業績を挙げるとともに、ワーク・ライフ・バランスを実現している、もしくは男女共同参画推進の功績があった女性を表彰するものです。

このたび 神山 三枝 が受賞したのは、染料を使わず、光の反射により発色する世界初の繊維「モルフォテックス」や、世界初の繊維径700ナノメートルの超極細ポリエステルナノファイバー「ナノフロント」の開発など、高機能繊維の研究開発を通じて溶融紡糸技術の発展に貢献してきたこと、および他者との関係性を大切にすることで社内外において厚い信頼を獲得し、女性の研究者・管理者として才腕を発揮してきたことが認められたことによるものです。

帝人グループは、経営戦略の一環としてダイバーシティの推進に取り組んでおり、2017年度から始まる中期経営計画においてもダイバーシティの推進を掲げています。今後も、価値観や経験の異なる多様な人財が一層能力を発揮できる組織を目指し、働き方の多様化、女性活躍、人財多様化をこれまで以上に推進していきます。

 

  • 当件に関するお問い合わせ先
    帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

関連リンク