企業情報

歴史

テイジンの創生(1990年代後半~2000年代後半)

1998年 1月 倫理委員会を設置
4月 企業行動基準を制定
6月 超音波骨折治療器「セーフス®」を発売
12月 ドイツのビック・グルデン社と新規吸入ステロイド剤に関するライセンス契約を締結
1999年 4月 アドバイザリー・ボードを設置、執行役員制度を導入
9月

炭素繊維事業への進出を目的として東邦レーヨン(株)へ資本参加

10月 米国タップ・ホールディング社と新規痛風・高尿酸血症治療薬のライセンス契約を締結
2000年 1月 米国デュポン社とのポリエステルフィルム事業統合による新合弁会社が世界7カ国で営業開始
2001年 2月

オランダのアコーディス社から買収した「トワロン®」関連事業をTeijin Twaron B.V.として事業開始

4月 帝人商事(株)と日商岩井アパレル株式会社が合併し、NI帝人商事(株)として営業開始
(株)帝人システムテクノロジーとインフォコム株式会社が合併し、新生インフォコム(株)として事業開始
7月 東邦レーヨン(株)の社名を東邦テナックス(株)に変更
8月 骨粗鬆症治療剤「ボナロン®」を販売開始
2002年 3月 インフォコム(株)がJASDAQ市場に上場
アセテート事業を撤収
4月 衣料用ポリエステル繊維事業を分社化、帝人ファイバー(株)を設立
帝人ファイバー(株)徳山事業所で「原料リサイクル」の操業を開始
7月 ポリエステルの循環型リサイクルシステム「エコサークル®」の展開を開始
中国にポリカーボネート樹脂コンパウンド品の製造会社Teijin Chemicals Plastic Compounds Shanghai Ltd.を設立
2003年 3月 中国にポリカーボネート樹脂の製造会社Teijin Polycarbonate China Ltd.を設立
4月 持株会社制に移行
産業繊維事業を分社化、帝人テクノプロダクツ(株)を設立
TEIJIN

テイジンブランドの確立を宣言

「コーポレート・ガバナンスガイド」を制定
7月 フランスのイプセン社と医薬品の開発・販売権を相互供与するライセンス契約を締結
10月 医薬医療事業グループを分社化、帝人ファーマ(株)を設立
12月 帝人デュポンナイロン(株)を解散
2004年 8月 オランダのアコーディス社から米国における同社PAN系炭素繊維事業を買収し、北米での供給拠点を確立
11月 中国展開の強化に向けて、上海事務所を開設
2006年 4月 内部統制システム構築の基本方針を決定
6月 インド、ロシアに拠点を開設、中国現地法人を設立
10月 帝人ファーマ(株)が韓国YUYU INC.と酸素濃縮器販売の合弁会社を設立
2007年 7月 2020年までにCO2排出量20%以上削減(1990年対比)などを盛り込んだ「環境経営宣言」を発表
9月 オランダのTeijin Twaron B.V.の社名を「Teijin Aramid B.V.」に変更
11月 東京本社を千代田区霞が関「霞が関コモンゲート西館」に移転