社会・環境(CSR)

ESH(環境、安全・防災、健康)マネジメント

ESHマネジメントをグループ全体で推進

基本姿勢

環境(Environment)、安全・防災(Safety)、健康(Health)を全ての事業活動に関わる重要な取り組みと位置付け、地球環境や地域社会に対する環境負荷の低減や、地域の皆様および社員の安全・健康の確保に取り組んでいます。また、ESHに対する投資・費用を定量的に測定し、効率的なESH活動の推進と改善につなげています。

行動規範

Environment, Safety & Health

私たちは、事業活動にあたり、地球環境、安全、健康を最優先します。

帝人グループESH基本方針
  1. 1.人間尊重の理念に基づき、安全をすべてに優先させる。
  2. 2.安全はラインの責任である。
  3. 3.ESHは事業活動と一体である。
帝人グループ地球環境行動目標

環境保全活動の推進

  1. 1.全ての事業活動において、CO2排出の削減を始めとする環境負荷の低減、省エネルギー、省資源、廃棄物の有効活用に努める。
  2. 2.生物・化学物質の適正な管理を行い、関連法規を遵守すると共に、環境・安全・健康を損なわないようにする。
  3. 3.製品の輸送・使用・廃棄が安全と環境に十分配慮して行われるよう、関係者に適切な情報の提供と支援を行う。

環境配慮設計、環境ビジネスの推進

  1. 4.顧客・サプライヤーと連携して、環境に配慮した製品設計を進めると共に、グリーン購買・調達やグリーン物流を進める。また、事業の計画段階でのアセスメントの実施を通じ、人の健康と環境に与えるリスクの低減に努める。
  2. 5.省エネルギー・3R(Reduce、Reuse、Recycle)などの環境保全や環境改善に役立つ技術の開発を進め、グループが保有する技術や市場プレゼンスを活かした環境ビジネスを展開する。

環境関連のコミュニケーション・社会貢献活動の展開・推進

  1. 6.環境負荷の低減目標を設定し公表する等、社会に対するコミットメントを明示すると共に、地域社会を含めた多様なステークホルダーとのコミュニケーションに努める。
  2. 7.グループ社員に対し環境保全に関する啓発・教育を行い、併せて地域社会・家庭での省エネルギーなどの環境保全活動を支援する。

(1992年12月制定、2007年7月改定)

グループESHマネジメント体制

ESH(環境、安全・防災、健康)を一元的にマネジメントするため、グループCSR委員会の下にグループESH部会を設置しています。グループESH部会の定例会議は年2回開催され、ESHマネジメントに関する方針・施策・活動を審議し、グループ内への展開を図っています。
事業グループごとに任命されたESH部会メンバーは事業ESH委員長として、各事業におけるESHマネジメントを推進しています。

また、年1回、事業ESH委員長によるESH監査と、CSR管掌によるESH監査を実施しています。ESH監査では、ESHマネジメント状況や事故・災害の発生・対策状況などをチェックし、今後の課題と次回までの取り組みについての確認・指導を行っています。

ESH監査

「ESH監査規則」に基づき、二重監査体制を整えています。ESH監査Aは事業グループごとに任命されたESH委員長が、ESH監査BはCSR管掌が監査を担います。

監査においては、ESH管理状況や事故・災害の発生・対策状況、そしてESH活動状況について報告を受けるとともに、その内容を監査し、今後の課題と次回までの取り組みについての確認・指導を行っています。

ESH監査の概要保証対象指標

  監査の概要 監査者 2017年度監査実績
ESH監査A 生産現場におけるESH監査 事業グループESH委員長 16拠点
(日本国内14、日本国外2)
ESH監査B 事業グループ・本部などの監査結果の監査 CSR管掌の指名者(CSR・信頼性保証部長) 12事業グループ・本部、5個別管理会社、3複合事業所
(うち、5事業事業グループ、5個別管理会社は書類監査)

ESH教育

グループESH研修会

ESHの管理レベル向上を目的に、グループESH研修会を年に1回開催しています。対象は、事業グループとグループ会社のESHスタッフおよびライン管理者、グループ会社社長、事業所長などです。

2017年度は、e-ラーニングで基礎講座を実施し、87人が受講しました。2017年7月に東京本社で実施した集合研修会には、管理者講座と応用講座に延べ106人(管理者講座57人、応用講座49人)が参加しました。

ESHアセスメント

ESHアセスメント制度により、プロジェクト実施や日々の案件において、関係法令およびESHリスクを審査・確認し、法令遵守とリスクに応じた適切な対応の実施に努めています。

ESHコンプライアンス内部監査員の養成

ESHに関する法規制への対応を充実させるため、グループ社員に対し、毎年、ESHコンプライアンス内部監査員を養成するための講座を開催しています。2017年度は、1級に40人、2級に9人の社員が新たにコンプライアンス内部監査員に認定され、2005年の講座開設以来、延べ970人の社員が認定されています。

グループESH実績報告

グループ全体のESH実績および活動状況については、年1回、グループCSR委員会で報告されています。2017年度の実績については、2018年3月に東京本社で開催されたグループCSR委員会において、グループのESH実績、ESH活動状況及び今後の課題と計画が報告されるとともに、活発な意見交換が行われました。

ESH事故発生時の対応

ESHに関する事故が発生した時は、その内容に応じて迅速にグループ内に報告されるよう、規則を定め徹底させています。