ESH(環境、安全・防災、健康)マネジメント

ESHマネジメントをグループ全体で推進

基本姿勢

環境(Environment)、安全・防災(Safety)、健康(Health)を全ての事業活動に関わる重要な取り組みと位置付け、地球環境や地域社会に対する環境負荷の低減や、地域の皆様および社員の安全・健康の確保に取り組んでいます。また、ESHに対する投資・費用を定量的に測定し、効率的なESH活動の推進と改善につなげています。

行動規範

Environment , Safety & Health

私たちは、事業活動にあたり、地球環境、安全、健康を最優先します。

帝人グループESH基本方針

  • 1.
    人間尊重の理念に基づき、安全をすべてに優先させる。
  • 2.
    安全はラインの責任である。
  • 3.
    ESHは事業活動と一体である。

帝人グループ地球環境行動目標

環境保全活動の推進

  • 1.
    全ての事業活動において、CO2排出の削減を始めとする環境負荷の低減、省エネルギー、省資源、廃棄物の有効活用に努める。
  • 2.
    生物・化学物質の適正な管理を行い、関連法規を遵守すると共に、環境・安全・健康を損なわないようにする。
  • 3.
    製品の輸送・使用・廃棄が安全と環境に十分配慮して行われるよう、関係者に適切な情報の提供と支援を行う。

環境配慮設計、環境ビジネスの推進

  • 4.
    顧客・サプライヤーと連携して、環境に配慮した製品設計を進めると共に、グリーン購買・調達やグリーン物流を進める。また、事業の計画段階でのアセスメントの実施を通じ、人の健康と環境に与えるリスクの低減に努める。
  • 5.
    省エネルギー・3R(Reduce、Reuse、Recycle)などの環境保全や環境改善に役立つ技術の開発を進め、グループが保有する技術や市場プレゼンスを活かした環境ビジネスを展開する。

環境関連のコミュニケーション・社会貢献活動の展開・推進

  • 6.
    環境負荷の低減目標を設定し公表する等、社会に対するコミットメントを明示すると共に、地域社会を含めた多様なステークホルダーとのコミュニケーションに努める。
  • 7.
    グループ社員に対し環境保全に関する啓発・教育を行い、併せて地域社会・家庭での省エネルギーなどの環境保全活動を支援する。

(1992年12月制定、2007年7月改定)

    • 1
    • 2