ホーム > CSR > 早わかり 帝人グループのCSR > STEP3 2016年度トピックス

STEP 3
2016年度トピックス

帝人グループの2016年度のCSRトピックスをご紹介します。

ダイバーシティハンドブック
「together」を発行

2002年からダイバーシティ意識啓発冊子「together」を毎年発行しており、2016年度で通算14号を迎えました。 毎号、社員のダイバーシティに関する意識の高まりや社外の環境の変化に応じてテーマを設定し、最先端の情報を提供しています。

「DBJ環境格付」において
最高ランクを獲得

帝人(株)は2016年度、(株)日本政策投資銀行(DBJ)が実施する「DBJ環境格付」において最高ランクの格付を獲得したほか、格付評価が傑出したモデル企業にのみ贈られる特別表彰も併せて受賞しました。

「異文化コミュニケーション研修」を
実施

異なる文化や個性を背景とするさまざまな社員が、個々の能力を最大限に発揮できる組織づくりに向け、2016年6月16日に「異文化コミュニケーション研修」を実施しました。

ベトナムで「CSRサプライチェーンセミナー」を開催

帝人フロンティア(株)は、2016年8月24日にベトナムのホーチミン市において現地の縫製・刺繍工場や素材メーカーなどを対象に、法令順守と人権保護の徹底を目的とした「CSRサプライチェーンセミナー」を開催しました。

「EcoBalance Award」 を受賞

帝人(株)と海外関係会社のTeijin Aramid B.V.は、「EcoBalance2016」(第12回エコバランス国際会議)において、「EcoBalance Award for Best Business Practices」を受賞しました。環境配慮や経済価値における顧客利益向上のための手法と、それによるタイヤコードの環境負荷低減に関する評価事例が評価されました。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」最優秀賞を受賞

帝人(株)は、大阪市が実施する「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業において最優秀賞を受賞しました。認証企業の中でも、女性登用やキャリア形成、多様な働き方の実現など、先進的な女性活躍推進施策に取り組んでいることが評価されました。

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定

帝人グループは、生産性や創造性の向上やリスクマネジメントなど経営的視点から、従業員の健康管理・健康づくりを実践しています。この取り組みが評価され、2017年2月22日、経済産業省が実施する「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。