CSRの基本方針

中期経営計画2017-2019にあわせCSRの基本方針を下記の通り定めました。

CSRの基本方針(2017-2019)

  • 1. 基本姿勢:事業と社会の持続可能な発展
  • 環境・社会・ガバナンスなど企業の社会的責任に関わる重要課題(CSRマテリアリティ)に、高い感度を持ち適確かつ積極的・能動的に取り組み、「未来の社会を支える会社」として事業と社会の持続可能な発展を目指す。
  • 2. 事業を通じ社会に貢献
  • 環境、安心・安全・防災、健康など、社会が解決を必要とする問題を能動的に把握し、事業を通じた持続可能な解決策を提供する。
  • 3. 多様なリスクに適確に対応
  • 企業倫理・コンプライアンス、環境負荷、品質保証、労働安全など事業活動に関わる多様なリスクを適確に管理し、リスク発現時にも強靭な回復力を発揮する。
  • 4. 社会と対話し継続改善
  • 積極的に社会と対話し、これらの認識と実践を継続改善していく。同時に「CSR先進企業」との社会的認知をグローバルに獲得・維持することに寄与する。