社会貢献

グループ全体で推進する社会貢献

東日本大震災被災地への支援

東日本大震災の被災地に対して、義援金や毛布・マスクなど生活支援物資の提供、および酸素ボンベや酸素濃縮装置など在宅医療機器の無償提供など、総額5億円以上の支援を行ってきました。

また、事業活動を通じて、継続的な復興支援にも取り組んでいます。 IT事業グループのインフォコム(株)は、2013年、宮城県岩沼市に多目的施設の岩沼「みんなの家」を開設し、ITを活用した農業の復興支援と、復興支援を継続する為の事業の創出を行っています。 帝人フロンティアは、2015年4月に大妻女子大学と共同で、汗をかいても快適に過ごすことができるポリエステル高機能素材「エコピュアー」を使用した高機能Tシャツ700枚を、被災した児童に寄贈しました。帝人フロンティア(株)では、2015年度より東日本大震災の復興支援の一環として福島県の安達太良山を舞台に開催されている世界的なウォーキングイベント「オックスファム・トレイルウォーカー」に協賛しており、2016年度はイベントの参加者、ボランティア、スタッフなどが着用するTシャツ1,800枚に向けて、自社が展開するオールシーズン対応型スポーツ素材「トリプルドライカラット」を提供しました。

仮設住宅のカビ対策実証試験

岩沼「みんなの家」

熊本地震被災地への支援

2016年4月に発生した熊本地震の被災地に対して、義援金や自社製品の支援物資の支援を行っています。

<支援物質>

  • あったかすっぽりケット: 600枚
  • 軽量あったか毛布(「V-LAP」使用): 600枚
  • 吸水パット(「ベルオアシス」使用) : 20,000枚
  • 不織布マスク:52,250枚
  • ブランケット(「コーネックス」使用):100枚
  • 避難所の間仕切り用生地:約1,000m