体制と取り組み

事業と社会の持続可能な発展を目指して、事業活動を通じて社会課題の解決に貢献していく“事業と一体化したCSR経営”を推進しています。

CSR推進活動の特徴

帝人グループは、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」や、気候変動枠組条約の「パリ協定」などグローバルの社会課題を踏まえ、事業と社会の持続可能な発展を目指して、事業活動を通じて社会課題の解決に貢献していく“事業と一体化したCSR経営”を推進しています。CSRの重要課題(マテリアリティ)の中から、環境負荷低減やダイバーシティなどを中期経営計画の重点領域に特定し、経営課題として推進しています。

CSRマネジメントをグループ全体で統合的、効率的に進めるため、CSRを管理するCSR管掌の下、重要なCSR課題ごとに主管部署・担当組織を定め、中長期および単年度の計画(Plan)を立てることで、実行(Do)、評価(Check)、改善(Action)のPDCAサイクルを回し、CSR活動の継続的な改善・向上を図っています。

CSR活動のPDCA

Plan(長期方針:企業理念、企業行動規範、企業行動基準 環境方針:環境中長期目標 実施計画:CSR中期計画、CSR短期計画)、Do(帝人グループのプログラム:環境保全、安全・防災、PL・品質保証、コンプライアンス・リスクマネジメント、人財・労働、購買・調達、社会貢献の各部署が短期計画の施策を実行 事業グループのプログラム:自社の個別計画を実行)、Check(帝人グループのCSR関連部署が自己チェック(CSR報告書に掲載) 事業グループの自己チェック 監査法人系機関による保証 CSR最高責任者レビュー 社外専門家4人の評価と指導 SRIの評価)、Action(CSR最高責任者が次年度課題を設定 グループCSR委員会へ報告)のPDCAサイクルを実践しています。