帝人久村奨学金

HOME > 帝人久村奨学金 > 応援メッセージ > 帝人久村奨学生

帝人久村奨学生からのメッセージ

2021年度 奨学生

博士からのメッセージ 修士からのメッセージ 過去メッセージ

博士からのメッセージ

A. Nihashi 「選考過程が成長につながる」

私は、精神疾患や発達障害の予防・治療法を確立するという目標があります。そのために博士課程から分野を変更し、目標に向かって邁進する所存です。
帝人久村奨学金に応募した理由は、博士課程での経済的な問題を解決するためです。選考過程が、研究者として必要な能力を伸ばす訓練になる点も魅力でした。選考にあたっては、他分野の先生方にも興味を持っていただけるよう、ストーリーを重視した資料作成やプレゼンを心がけました。選考準備は、自身の研究の立ち位置や意義を見つめ直す最良の機会となり、面接試験では、先生方から鋭いご指摘や貴重なご意見をいただくことで研究に対する視野が広がります。これらの経験は、研究者として活躍するためにきっと役立つと思います。応募を迷った際にはぜひ挑戦してみてください。

総合研究大学院大学 生命科学研究科 遺伝学専攻 A. Nihashi

A. Miura 「今後にも活きる貴重な経験」

私は生体内の間葉系幹細胞による組織再生メカニズム解明の研究をしています。医薬品の投与により内在性組織再生を促すという、難病に苦しむ方々への新規治療法開発に基礎研究から貢献することが目標です。
選考過程では、自分が何に興味を持ち、どのようなゴールを見据えて現在の研究テーマに取り組んでいるのか、様々なバックグラウンドを持つ方々に伝わる発信を心がけました。研究テーマとじっくり向き合い、制限時間内でいかに伝わる発表を行うかを試行錯誤する、有意義な時間になりました。これらのスキルは今後の人生においてもきっと役立つと思います。応募を検討されている方はぜひ挑戦してみて下さい。
今回、奨学生として採用して頂いたことに深く感謝申し上げると同時に、大学院入学当初から念頭にある「難病の治療法開発により、一人でも多くの患者さんに笑顔を届ける」という夢に向かって一歩一歩進んでまいります。

大阪大学大学院 医学系研究科 医学専攻 A. Miura

F. Tokito 「過去の偉大な研究者達に続くために」

私は現在、医薬品評価のための高度な肝細胞培養系の開発に関する研究を行っております。医薬品を評価する際にヒト培養肝細胞を用いる手法がありますが、ヒトの体内肝臓から単離された肝細胞は機能が著しく低下しているため、現状の培養系では正確な評価が困難です。そこで工学的な手法によって体内環境を模倣した培養環境を構築し、そこで肝細胞を培養することで、その機能向上を目的に研究をしております。
本奨学金の選考においては、面接官の方々に自身の研究内容をいかに知ってもらうかが鍵になるかと思います。そのために創意工夫を凝らす努力をすることは本選考に限らず、今後の研究活動において必ず役に立ちます。
研究に対する真摯な姿勢と正しい努力の積み重ねが研究者としての資質を磨き、構想力を養っていくものだと私は思います。決して簡単な道のりではありませんが、人類未踏の領域を切り開いてきた過去の偉大な研究者達に続きたく思います。

東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 F. Tokito

K. Murakami 「帝人奨学会に入って」

私は2021年3月に北海道大学歯学部を卒業し、この春から北海道大学医学院の博士課程に進学いたしました。
学部一年生の頃から出入りしていた教室にそのまま進学いたしましたが、自立して頑張っていくためにも博士課程に入ったのちには自分で自分の学費を払うことを決めていたので、より円滑な研究の足掛かりとして帝人奨学会に応募いたしました。
正直、合格できるか本当に不安でしたが、面接のプレゼンで自分のいままでの研究の成果を全て出し切った結果、奨学会の仲間入りをすることができました。
これからはこの貴重な機会を糧にして、己の研究に邁進していきたいと思います。

北海道大学医学院 遺伝子病制御研究所 分子神経免疫学教室 K. Murakami

M. Sawada 「自分のためになるユニークな機会」

皆さんはポーラス金属を知っていますか?例えばスポンジのようにたくさんの気孔を持った金属のことなのですが、軽量な上に高いエネルギー吸収能や断熱・吸音特性など、様々な特性を発揮する機能性材料でもあります。私は中でもエネルギー吸収能に着目し、ポーラス金属の変形の様子を単純なモデルに落とし込むことで理論的に明らかにしようという研究をしています。
帝人久村奨学金は研究に対する熱意を評価していただけるということで応募しましたが, 面接では他に類を見ない程研究に対して真摯にご意見を頂くことができ、終わった後は学会に参加したかのような錯覚に陥りました。限られた時間で研究の魅力を伝えられるかという観点でも貴重な機会でしたし、今後の研究指針の参考となる視点も得ることができました。選考の合否に関わらず、参加して良かったと思える素晴らしい経験でした。ぜひ多くの皆さんにこの選考を体験していただきたいと思っています。

早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 機械科学・航空宇宙専攻 M. Sawada

N. Onaka 「挑戦することに意味がある」

私は、河川災害の実態解明や干潟生物の生息場予測など、治水と河川環境に関する研究に取り組んでいます。両者の機能向上はトレードオフの関係が見られますが、それらが調和し、安全で豊かな生活の一助となるような成果を目指しています。
本奨学会は高専時代の先輩からの紹介で知り、たとえ奨学生になれずとも得られるものは大きいと後押しされて応募しました。実際、応募書類や発表スライドの作成過程で、伝わりやすさを意識し、工夫したことで応募前よりも伝える力を磨くことが出来ました。また、面接では先生方から、ご質問やコメントを通して、特に研究の社会実装に関する新しい視点や重要な知見をいただくことが出来ました。
自身の研究と真摯に向き合い、熱意と客観性を持って本奨学会の選考に挑戦してみて下さい。その過程の全てに意味があり、どのような結果であれ、今後の研究生活の大きな糧になると思います。
皆様の挑戦を心より応援しております。

山口大学大学院 創成科学研究科 環境共生系専攻 N. Onaka

S. Tomita 「研究への熱意を再確認する貴重な機会」

私は、生体内外の化学物質によって活性化される受容体型転写因子の活性化メカニズムについて研究を行っています。
本奨学生に採用していただくことで、博士課程進学後も安定した研究生活を送り、これまで以上に研究活動に邁進できます。また、選考過程で経験する、自身の研究課題の見つめ直しや研究に対する熱意の再確認は、一般的な学会などでは経験できない貴重な経験だと思います。書類選考と面接2回は少しハードルが高く感じるかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

岐阜薬科大学大学院 薬学研究科 薬科学専攻 S. Tomita

T. Mizutani 「「夢中」を伝える」

私は微生物が持つ能力を探索し磨き上げ世の中に送り出す研究をしています。特にこれまでは、植物に含まれる有用化合物を、微生物酵素の力を借りて効率よく生産するというテーマに取り組んできました。
帝人久村奨学金には、専門外の先生にどのくらい熱意を伝えることができるか自分を試そうと考え挑戦しました。選考過程では、資料作成や発表を試行錯誤したり、学会等ではお会いすることのできない方からも意見をいただいたりと、貴重な経験になりました。
博士課程では、これまで知られていなかった微生物の力を掘り出して、まだ誰も見たことのない微生物の生態を見ることが目標です。そのために本奨学金が有意義なものになると確信しています。応募しようか迷っている皆さんも、挑戦すること自体に大きな意味があるのでぜひ飛び込んでみてください。自分の「夢中」をいろいろな人に伝える、良い機会です。

京都大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 T. Mizutani

Y. Kagawa 「研究意義を意義を考え直す機会」

私は有機化学、錯体化学、生化学を基盤とし、金属錯体とタンパク質とを組み合わせた人工金属酵素の研究を実施しています。
本奨学金を応募したきっかけは、指導教員からの紹介です。根岸先生を始めとする偉大な先生方が受給していたことから興味を持ち、学術研究に従事する場合の変換免除制度と研究内容や熱意を評価していただける点を魅力的に感じ、応募を決めました。
選考では様々な分野の方に評価していただきます。選考の準備において、異分野の方々に研究の面白さを伝えるために、自信の研究の意義について改めて考え直し、より深く自身の研究への理解を深めることができました。これから進学される皆さんも研究の意義を見つめなおし、帝人久村奨学金に応募することをお勧めします。

大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 Y. Kagawa

修士からのメッセージ

H. Oshio 「ドキドキとワクワクの共有」

私は現在、再生能力が高いことで知られているイモリを用いることで、心臓の再生機構について研究を行なっています。
卒業研究では細胞内鉄・ヘム動態制御機構についての研究を行なっており、修士課程とは全く異なる内容だった為、選考では2つのテーマの両方について発表を行いました。 自分がどれだけ面白い研究をしているのか、その研究に対する熱い想いなど、伝えたい事を伝えたい形で選考委員の皆様に理解してもらうために、どの様なプレゼンテーションをするべきか考えて臨みました。今回の奨学金への応募は、どんな時でも必要になる”表現する力”も磨くことができる良い経験になりました。
応募を決めかねている皆様にも、今本気で打ち込んでいる研究について “ドキドキとワクワクの共有”に挑戦してみて欲しいと思います。実際に実験している自分にしか感じられないものが沢山あると思いますので、是非自信を持って強気で挑んでみてください!

広島大学 統合生命科学研究科 統合生命科学専攻 H. Oshio

J. Nakazawa 「選考が切り開く未来」

私は現在、JAXA宇宙科学研究所にて深宇宙に生命を探索するための超小型探査機に搭載するサンプラーの開発に携わっています。このような研究テーマの前例は無く、宇宙探査から生命科学、分析化学までにおよぶ広大な関連分野に散らばるヒントをつなぎ合わせて研究開発を行っています。
そんな中、本奨学金の最終選考にて自らの研究についてお話させていただいた際に、選考委員の先生から、2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一先生の研究を引用し、タンパク質の質量分析の観点から自分の研究について核心をつくコメントをいただきました。現在はまさにコメントを頂いた観点から自分の研究を見つめ直し、研究をさらに推し進めています。
この帝人奨学金の選考はただ単なる資金調達ではありません。選考を通じて各分野の碩学たる先生方に自分の研究を評価していただくまたとない機会です。

総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 J. Nakazawa

K. Ichikawa 「なぜ大学院に進学するのか?」

私の専攻は比較的新しいレジリエンス工学というものです。航空や原子力分野を対象としてより高い安全性を達成するには何が必要なのか、想定外事象に対してどのように人間が柔軟に対応できるのかに関して研究を行っています。将来は航空会社に就職し、この新たな考え方に基づいて航空安全業務に従事したいと考えております。現場で活躍できる人材になるために、この研究分野をより深く理解し見聞を広めるために大学院進学をしました。
さて、皆さんはなぜ大学院に進学しその研究を行うのでしょうか?その理由を自分の言葉でしっかり説明できますか?帝人奨学金の選考では審査委員の先生方が純粋に研究に対する熱意を評価してくれるので、私は選考を通して大学院での研究の意義や熱意を再度客観的に見直すことができました。それらをアウトプットする最適な機会がこの奨学金制度だと思います。ぜひ挑戦してみてください!

東北大学大学院 工学研究科 量子エネルギー工学専攻 K. Ichikawa

K. Miyamoto 「思い切った応募を」

私は現在、魚類の正中鰭をモデルとした進化発生生物学の研究を行っております。魚類の正中鰭は数や形の点で非常に多様化していることが知られており、私は多様な鰭を作り出す発生メカニズムが獲得される進化過程に興味を持っております。
本奨学金の募集を見た時は、「自分が出しても、選考に残れないのではないだろうか?」と思い、応募すら迷っておりました。しかし、選考の上で自分の研究を理解して貰えるような文章やプレゼンを練る作業は、たとえ選考には落ちてしまったとしても良い経験になるだろうと考え、思い切って応募を決意しました。
実際に選考を進める上で、プレゼンテーションを考える場面や質問に答える場面では、今まで研究に関係の無いと考えていた知識や経験が大いに役に立つことを実感しました。選考の門の狭さなどに囚われず、自らの研究発表の経験を積むためにも是非チャレンジしてみることをお勧めします。

東北大学大学院 生命科学研究科 生態発生適応科学専攻 K. Miyamoto

K. Yamaguchi 「アウトプットの経験」

私は代表的な接着剤であるエポキシ樹脂の界面における反応を追跡し、接着のメカニズムの解明を目指しています。研究生活で培われる知識・経験のインプットは非常に重要です。一方で、研究概要を文字にする、人に伝えるといったアウトプットも研究者として同じくらい大切であると考えています。帝人奨学会の選考では、一流の先生方を相手にアウトプットすることができる、貴重な経験を与えて下さいます。さらに、質疑応答では自分の研究について私が見ていなかった視点からのコメントを沢山頂き、自分の研究に対する視野が広がりました。深く御礼申し上げますとともに、これから挑戦される皆様を応援致します。

九州大学大学院 応用化学専攻 K. Yamaguchi

K. Yoshinaga 「研究に携わる“自分”を見つめ直す」

私は、現在「遍歴磁性」と呼ばれる分野の研究に取り組んでいます。近年よく研究されている高温超伝導体のメカニズムにも関わっているなど、磁性の中でも未解明なことが多い分野です。研究を進めていくことで、一つでも多くの未解明な事象を解いていければと考えております。
私が本奨学金に応募したのは、修士課程の学生にとって数少ない“研究に対する評価”が欲しかったからです。選考という場で自分の研究の面白さや有用性を適切に伝え、それに対する評価を選考の委員の方のご意見や合格そして貸与という形でいただけたことは、かけがえのない経験になりました。
そして評価していただけるように、自分の研究を見つめ直したことや、研究の根本にある「なぜ自分はこの研究をするのか」という自分自身の好奇心を振り返れたことも得難い経験だったと思います。
ぜひ皆様も自分の研究、そして自分自身を見つめ直す機会としてチャレンジしていただければと思います。

京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 K. Yoshinaga

L. Koseki 「Strive further: New challenges, new paths, and new connections」

The Teijin Kumura Scholarship has given me a wonderful opportunity to have a conversational interview with a group of professionals in diverse specialties. I was inspired by the statement by a previous recipient of this scholarship and Nobel Laureate, Dr. Eiichi Negishi who has emphasized the importance of “scientific competition in a global playground”. While communicating in both Japanese and English is equally important in studying at a Japanese university, what’s important is communicating your ideas and passion that can transcend language barriers. Applying for this scholarship has given me the chance to carefully think through how I can effectively communicate my research to experienced researchers and professionals of various specialties. This process was invaluable, and it is such experiences that build a young researchers’ confidence to communicate his or her findings to a larger community. I’m excited to start my research in cancer biology through the lens of the tumor microenvironment to better understand the root causes of malignant cancer progression. I’m thankful for this scholarship as it allows me to delve into my research and supports my scientific curiosities. I look forward to building new relationships with other recipients of the Teijin Scholarship Foundation as well as the committee members. I wish the best of luck to future applicants!

京都大学大学院 高次生命科学専攻 L. Koseki

M. Maeno 「コミュニケーションをするつもりで」

私は、私たち人間とは全く異なる生き方をしている植物について研究しています。特に、彼らの持つ無限性に興味を持ち、植物幹細胞の維持機構に着目しています。私の最終的な目標は、植物の寿命がどのように決定されているかについて理解することです。
私の分野のような基礎研究でも、その魅力や意義を上手に伝えることができれば採用していただけます。独りよがりなプレゼンテーションではなく、「相手が何を知りたいのか」に寄り添ってコミュニケーションをとることが重要です。帝人久村奨学金の選考過程で皆さんが考えることは、将来のアウトリーチにもつながる貴重な経験であると考えます。自分の研究について見つめ直す良い機会ですので、悩むくらいなら応募してみましょう!

東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 M. Maeno

R. Ujimatsu 「選考そのものが貴重な経験になる」

農業技術が発達した現代においても、毎年世界の農業生産のおよそ10~15%が農作物の病害によって失われていると言われています。私は植物病原性の糸状菌(カビ)の感染戦略を分子的に理解することを目指しており、これは農作物保護技術の開発にとって極めて重要な知見になると考えています。
帝人久村奨学生の選考は、自らの研究の背景と現在の立ち位置、そして向かうべき方向性について考える良い機会となりました。また、研究をどのように表現すれば伝わるか、様々に工夫を凝らした経験は何物にも代えがたいと感じています。
選考に対して真剣に向き合う過程こそが重要であり、これは採用の可否を問わず得られるものです。これから本奨学金に挑戦される皆様の健闘をお祈り申し上げます。

京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻 R. Ujimatsu

T.T. Yeung 「Give your research a chance to shine」

I am honored to be a Teijin Kumura Scholar. The generous support from the Foundation helps me focus on research and achieve research goals.
My research focuses on precision mass measurement of neutron-rich nuclei using a technique called multi-reflection time-of-flight mass spectrograph (MRTOF-MS). The MRTOF-MS determines nuclear mass by measuring the time of flight of nuclei which are reflected back and forth. I am interested to study the isotopes associated with the r-process. This research has two major objectives. First, I aim to improve the accuracy of the current nuclear mass data and explore masses of exotic nuclei. Second, I hope to solve the mystery of anomalously excessive rare-earth elements in the Solar System.
I applied for the Scholarship because it could offer a precious opportunity to me and my research. In my mind, scientific communication is as important as scientific research itself. It is a pity if your amazing research does not get a chance to be presented to a wider audience. In addition, I enjoyed meeting the experts from an industry-leading company and top institutes during the interviews. This unique experience helped me to be more confident and versatile.
Your research always deserves an opportunity to be shared. I believe the Teijin Kumura Scholarship is the best place for this challenge.

東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 T.T. Yeung

帝人久村奨学金
  • 帝人奨学会概要
  • 募集に関して
  • 応援メッセージ
  • 根岸博士(奨学生OB)
  • 選考委員等
  • 2020年度 奨学生
  • 奨学金受給希望の方へ
  • 現役奨学生の方へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 大学関係者へ