利用シーンRecoPick®

工場や倉庫でのRFID棚管理システム

ICタグを貼ったパレットや製品、部品・工具等の所在管理を、UHF帯ICタグと帝人の二次元通信アンテナを組み合わせ、パレットや製品の所在管理や工具等の紛失防止や定期メンテナンスをRecopickで一元管理します。これにより、工場における生産性の向上並びに安全性の改善が実現できます。

資産管理

工場の設備機器や部品・工具等にICタグを貼りRecopickを介して常時監視をすることで、「いつ」、「何が」使われたのかをリアルタイムで管理できます。また、製品の出荷・納品作業や棚卸作業のプロセスにおいても、正確かつスムーズにICタグの読み取りを行うことで、従業員の作業負荷を軽減しサプライチェーンの「見える化」を促進します。また、持ち出し管理システム等のアプリケーションと組み合わせることで、誰が利用しているかを把握することもできます。

進捗・工程管理

多くの作業現場において、作業員が進捗・工程管理のためにハンディターミナル等で工程ごとに読み取り管理をすることは、作業者にとって大きな負担となります。Recopickを用いれば、作業指示書や組み立て部品等をアンテナシートの上に置くだけで、進捗状況に関するデータをリアルタイムで生成・管理できます。また、進捗をリアルタイムで把握することで、管理者は適正な人員配置を行うことが可能になります。

用途例

工具・部品等の在庫管理

導入事例

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

帝人(株)スマートセンシング事業推進班
03-3506-4942