利用シーンRecoPick®

病院でのRFID棚管理システム(ME機器、医療機器など)

ME機器やカテーテル等の利用状況把握や棚卸管理を、UHF帯ICタグと帝人の「電波を飛ばさない」二次元通信アンテナを組み合わせたRecopickでサポートします。院内の他の医療機器への影響を最小限に抑えた「電波を飛ばさない」RFIDシステムであるRecopickは、安全かつ精度の高い認識率でコスト削減と業務負荷を軽減し、管理作業の効率化を実現します。

ME機器管理

シリンジポンプや輸液ポンプ等の医療機器にICタグを貼り、各機器の所在、利用状況を画面上でリアルタイムに確認することで、移動した機器のトラッキングを「見える化」します。これにより、紛失や資産状況の把握ができないために同じ機器を複数購入する状況をなくし、過剰在庫やコストの削減を実現するほか、適切な機器メンテナンスの実施をサポートします。

詳細は以下のパンフレット(PDF)を参照してください。
ME機器管理システム製品概要


在庫管理

RFIDを活用すると医療器材等の資産状況を常時監視できるので、これまで手作業で対応していた棚卸に要する時間を大幅に削減できるほか、人的ミスによるデータ入力漏れやミスをなくします。

用途例

ME機器の持出管理、医療器材の自動発注

導入事例

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

帝人(株)スマートセンシング事業推進班
03-3506-4942