製品情報てるぷよハンド®

「てるぷよハンド」とは

「てるぷよハンド*」とは、製品や部品の生産ラインにおける工程間搬送用に開発した革新技術ハンドです。"異なる形状のワーク(対象物)を、ハンド交換なしでつかめるようにする"という発想から誕生しました。生産性向上やコスト削減に有効です。

  • *
    「てるぷよハンド」はトヨタ自動車株式会社様との共同開発品です。

構造と原理

"手のひら(外袋と内袋の二重構造)"と"手の甲(アタッチメント)"、マニュピュレータ(リスト)の組み合わせで構成されます。("手のひら"と"手の甲"の組み合わせで、特許を取得)
テイジンの高機能素材を"手のひら"の外袋に採用することで、さまざまな条件下での使用が可能です。

ワークをつかむ際に、"手のひら"の内袋に入っている内容物が流動して変形し、ワークの形状になじみます。その後、内袋の中を真空にすることで、内容物同士が密着し、なじんだ形状のまま固まります。

数十グラム~数百キログラムで、いろいろな形状のワークに対応します。

柔らかい状態のハンドをワークの形状になじませ、空気を抜きます。

真空により硬くなったハンドが、やさしくなじんで持ち上げます。

内部に空気を入れて柔らかくした後、製品を離します。

製品ラインナップ

"手のひら"のラインナップは、下表の通りです。

サイズ

タイプ サイズ
タイプ1 W95 x H130 x D30
タイプ2 W155 x H130 x D30
タイプ3 W45 x H50 x D25

材質

部位 材質
外袋材質 パラ系アラミド繊維「テクノーラ」、または人工皮革「コードレ」
内袋材質 ニトリルゴム(NBR)

デモキット

「てるぷよハンド」の原理と動作を体験できる簡易キットをご用意してます。"手のひら"と手動ポンプのセットです。お問い合わせフォームからお申し込み下さい。
なお、貸出期間は通常1週間です。

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

帝人エンジニアリング(株)
06-6459-5220