ホーム株主・投資家情報テイジン虎の巻>テイジンのココがすごい!>省エネ
ページ印刷

TOPへ

  • 続・テイジン虎の巻(リンク集)
  • お問い合わせ
  • つまり、何の会社?
  • テイジンのココがすごい!
  • テイジン旬な話題
  • 業績と配当

業績と配当

  • 軽量化
  • 安心・安全
  • 省エネ
  • クリーンエネルギー
  • ヘルスケア

省エネ 省エネを支えるテイジンの先端技術

これからの社会では、省エネルギー・省資源・CO2排出量の削減がいっそう求められます。テイジンは”地球環境“にやさしい先端材料や複合材料の開発で環境・エネルギー分野のニーズに応えます。

セパレータ 正極 負極 正極端子 負極端子

正極と負極の間でリチウムイオンのやり取りをするセパレータ

リチウムイオン二次電池の高出力化を実現

スマートフォンやデジタルカメラ、さらにはハイブリッド車や電気自動車に搭載され、地球温暖化の原因となるCO2排出量の削減に貢献しているリチウムイオン二次電池。近年、さらなる高出力化が求められていますが、開発の問題になっていたのが、セパレータ(絶縁材)という部品です。セパレータには、電池が異常に発熱した際に電流を遮断する役割がありますが、大容量化に伴い従来のセパレータでは高熱に耐えられず、破損、発火などの事故につながる危険性がありました。
テイジンは、こうした課題を克服する、耐熱素材「コーネックス」製の樹脂を使ったセパレータの開発に成功。携帯端末などの小型電池をはじめとして、今後はハイブリッド車や電気自動車などの大型電池向けの展開を目指していきます。

ココがすごい! 耐熱性 テイジンのセパレータは、250℃の高温でも変形せず、過熱試験では350℃でも穴が開かないことが実証されています。耐熱性、耐久性も向上し、安全性の高い電池の実現に貢献します。

  • ニュースメールについて
  • 資料請求