Q&A・用語集

用語集

  • あ行

    アラミド繊維
    アラミド繊維とは分子骨格が芳香族(ベンゼン環)からなるポリアミド繊維です。芳香族環にアミド結合の付く位置により、パラ系とメタ系に分類されます。
    この両アラミド繊維は、価格と性能のバランスがよく、高性能・高機能繊維の中で最も生産量が多く、今後も用途の拡大が期待されています。
    液晶テレビバックライト拡散板
    バックライト拡散板は、光源(冷陰極管)からの光を散乱させ、表示パネルを均一に照射するために用いられる光学部材です。大型液晶テレビの普及により、光源からの輻射熱が高くなり、小型テレビで使用されている汎用樹脂では、耐熱性不足という問題があります。PC樹脂は耐熱性に優れることから特に大型液晶テレビのバックライト拡散板に使用されています。
    エレクトロスピニング
    電界紡糸法。高分子溶液に高電圧を加えることにより、電荷を帯びた溶液が分裂し溶媒が蒸発して、アース(接地)をとった目的物にナノ~サブミクロンオーダーの直径を持つ糸が捕集されることを利用したファイバー作製法です。
  • か行

    環境会計
    企業が事業活動での環境保全のために投じたコストとその活動によって得られた効果をできる限り定量的に測定する会計手法です。投資したコストやその成果などの情報公開という外部機能と、経営に活かす内部機能としての役割が期待されています。環境省では、環境会計に関する共通の枠組みを構築することを目的とし、「環境会計ガイドライン」を公表しています。
    環境監査
    環境に関する経営管理上のコントロールを促進し、環境に関する方針や法律の遵守状況を評価することにより、環境保全に資する目的の組織・管理がよく整備され、機能しているかを組織的・実証的・定期的・客観的に評価するものです。監査には、環境マネジメントシステムを導入している組織自らが行う監査および、外部審査機関よる監査などがあります。
    企業理念
    企業の社会的役割と存在意義、また、その役割をどんな形で果たしていくのかという企業の経営姿勢を明らかにしたものです。
    くらし@サイエンス
    帝人グループが展開するネットショップです。
    グリーン購入
    製品やサービスを購入する際に、必要性を良く考え、環境への負荷ができるだけ少ないものを選んで購入することです。日本では、2001年4月、グリーン購入法が施行され、国等の機関にグリーン購入を義務づけるとともに、地方公共団体や事業者・国民もグリーン購入に努めることが定められました。どの製品の環境負荷が小さいかの判断を助けるものとして、エコマークなどの環境ラベリング制度があります。
    正式名称:「国などによる環境物品等の調達の推進等に関する法律」
    ゲノム創薬
    ヒトをはじめ、すべての生物の特徴を決定する遺伝情報(ゲノム情報)を活用し、医薬品を論理的・効率的に開発する手法のことです。癌や糖尿病、高血圧など多くの病気に遺伝子が関連していることが明らかになってきました。従来の薬の開発が経験や偶発性に頼っていたのに対し、論理的に短期間での医薬品の開発が期待出来ます。
    ケミカルリサイクル
    使用済みの資源を、化学反応により組成変換した後にリサイクルすることです。主に廃プラスチックの油化、ガス化、コークス炉化学燃料化などを指しますが、他にも廃食用油のディーゼル燃料化や、畜産、糞尿のバイオガス化などがあります。廃プラスチックの造粒による高炉還元剤化や、回収PETボトルを精製し、再びPETボトル原料とするリサイクルもこれにあたります。
    研究シーズ
    医薬品研究の起源となる研究の種(テーマ)のことです。
    医薬品を市場投入するにはおよそ8年から12年の期間が必要です。従って、研究シーズ探索には約10年後の医療ニーズに合致した先見性とユニークさ、また目利きが重要となります。独自のシーズに加え国内外の研究機関と共同でシーズを発掘することもあります。
  • さ行

    サーマルリサイクル
    廃棄物を単に焼却するだけでなく、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収、利用することをいいます。代表的な手法としては、ごみ発電や、エコセメントがありますが、温水の熱源や冷房用エネルギーとして使われることも多くあります。この手法は、廃棄物の発生抑制、リユースやマテリアルリサイクルが出来なくなった場合の最後の手段であるため、リサイクルに含めるべきでないという見方もありますが、最近では、広義のリサイクルとして、位置づけられるようなっています。
    再生医療
    再生医療とは、患者自身が本来持っている治癒力を最大限に生かすことにより、失われた臓器・組織や生体機能を回復する事を目的とする治療のことをいいます。再生医療に必要な3要素として、幹細胞、成長因子、人工素材(バイオマテリアル)からなる足場材料をあげることができます。これらの要素を組み合わせて失われた組織を再生させる試みが行われており、国家プロジェクトとしても重点がおかれている医学分野です。
    システムインテグレーション(SI)
    顧客の業務内容を分析し、問題に合わせた情報システムの企画、構築、運用などの業務を一括して請け負う業者のことです。システムの企画・立案からプログラムの開発、必要なハードウェア・ソフトウェアの選定・導入、完成したシステムの保守・管理までを総合的に行ないます。
    社会的責任投資(SRI)
    株主としての立場・権利を行使して、経営陣に対し、その企業が社会的責任に配慮した対応や積極的活動を取ることを求めていく行動のことをいいます。
    ステークホルダー
    企業をとりまく利害関係者のこと。従業員、投資家、取引先、請負業者、金融機関、地域住民、行政、消費者などを指します。
    睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    気道の閉塞などの原因により、眠っている間に繰り返し呼吸が止まる病気で、激しいイビキや、日中の眠気などの症状があります。また、高血圧や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病・メタボリックシンドロームを引き起こし、死亡率が高まるとの報告もあります。日中の眠気のため、交通事故や労働災害、生産性の低下などにつながることもある社会的影響の大きい危険な疾患です。
    生分解性プラスチック
    従来のプラスチックと同様に使用でき、使用後廃棄された時は土中または海水中などの微生物の働きによって分解され、最終的には二酸化炭素と水になるプラスチックです。
    植物から生成されるもの、石油から生成されるもの、それらの複合体等の他、でんぷんなどを用いた生物崩壊性プラスチックもあります。
    ゼロエミッション
    1994年に国連大学が、提唱した考え方です。産業から排出されるすべての廃棄物や副生物が、他の産業の資源として活用され、廃棄物を生み出さない生産を目指そうとするものです。
    ISO14001の普及にともない、「ゼロエミッション」に取り組む企業が増えている。この場合のゼロエミッションは、「廃棄物を徹底分別しリサイクルを促進することにより、焼却や埋立処分する産業廃棄物をなくす」という意味で使われています。
  • た行

    炭素繊維
    鉄の10倍の強度をもちながら、重さが4分の1の炭素繊維は、変形もしにくく(高弾性)、酸やアルカリなどにも強いため、高い機能性・安全性が求められる人工衛星やクルーザー、モータースポーツ分野から、身近なスポーツ用品のゴルフシャフトや釣竿にまで使われています。また、省エネルギー、CO2排出量削減など自動車の環境対応を進める素材としても注目されています。
    知的財産
    特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、トレードシークレット、ノウハウなどの総称です。
    ディザスタリカバリーサービス
    ディザスターは天災・災厄・災害、リカバリーは復旧・修復を意味しており、災害等によってコンピュータシステムが稼動できなくなったときに備えて、業務を継続するための代替手段を用意することです。
    デジタルアーカイブ
    解釈1:文化財や歴史遺産などをデジタル画像に保存することにより、文化財の貴重な情報を劣化させることなく保管し、後世に正確に伝えるとともに、いつでも再生・復元ができるようにすることです。
    解釈2:大規模ドキュメント資源を有する官公庁や大学、図書館等を対象に、その電子文書の管理や検索等にかかわるITソリューションおよび関連パッケージソフトの販売を行っています。政府のe-japan構想に連動した電子政府、電子自治体、電子図書館等のデジタルアーカイブ領域を得意領域としながら、官民を問わない総合ナレッジマネジメント・ソリューションを提供しています。
  • な行

    ナノオーダー
    1ナノメートル(nm)=1×10-9メートル=10億分の1メートル。1-数百nm単位で表される大きさのことです。
    ナノコンポジット
    1~数百ナノメートルオーダーに粒子化した素材を別の素材(高分子)中に練り込み、分散させた「複合材料」の総称です。
    ナノテクノロジー
    ナノテクノロジーとはナノメートル(nm:1nm = 10-9m)オーダーの物質の作製、あるいはそれらの物質を組み合わせる技術です。
    帝人には高分子の分子設計、自己組織化による機能発現といった「ナノ構造制御技術」、ナノメートルオーダーの繊維や薄膜コーティングなどの「ナノ加工技術」、高分子にナノメートルオーダーの素材を加えて機能性を付与する「ナノコンポジット化」の技術があります。
    ナレッジマネジメント
    企業の共有資産である"ナレッジ=知識"の創造や共有化、活用に関するプロセスの管理のことです。あるいは"知識"の創造、活用を容易にするための仕組みに関する経営手法です。
  • は行

    配当性向
    会社があげた利益が株主への配当に向けられる比率です。
    配当性向=1株当り配当金/1株当り当期純利益×100
    ハニカム構造
    ハニカム(Honeycomb)構造とは、蜂の巣状に、六角形を並べる形で作られた構造のことを言います。同じ大きさの6角形が隙間なく充填された構造をしているので、軽量で丈夫であるという特徴があります。
    最近では、水滴の形成など、物質の自己組織化という現象を巧みに利用してサブミクロンからナノメートルの微細なハニカム構造を形成することが可能であり、新しい材料の創出に活用されています。
    パラ系アラミド繊維
    パラ系アラミド繊維の特徴は、高強力・高弾性率、耐熱性、耐薬品性などが挙げられます。
    これらの特徴を生かして防弾チョッキやロープ・ネット、盛り土補強、タイヤコードや自動車用ベルトの補強材、プラスチックやセメント補強など幅広い分野で使われています。アスベストの代替としてブレーキなどにも使用されています。
    帝人としては、「テクノーラ」、「トワロン」という商標で製造・販売しています。
    光ディスク
    CD-ROM、CD-R/RW、DVDなどのディスクを光ディスクといいます。
    光ディスクは、ポリカーボネート樹脂基板に金属薄膜を施し、レーザー光を当てて、反射する光の変化で信号を読み取るデータ記録媒体です。
    CD(760MB)からDVD(5GB)へ、DVDから次世代光ディスク(Blu-ray、HD DVD(50GB))へと高容量化が進んでいますが、基板にはポリカーボネート樹脂が使用されています。帝人は光ディスク基板素材のパイオニアとして、高品質の素材を提供しています。
    ブランドステートメント
    ブランドが約束する価値や企業姿勢を短い言葉で表現したものです。
    ポリエチレンナフタレート(PEN)樹脂
    PEN樹脂は帝人が世界ではじめて工業化した樹脂で、PET樹脂に比べ耐熱性・ガスバリア性・低吸着性・耐加水分解性に優れ、かつ紫外線遮光性を有することから、医薬品・食器・化粧品容器向けに使用されています。商標は「テオネックス」です。
    ポリカーボネート(PC)樹脂
    ガラスの200倍以上の耐衝撃性をもちながら、重量は2分の1と軽く、耐熱性、透明性、耐候性、加工性にも優れています。ポリカーボネート樹脂は、光ディスクのほか、携帯電話やノートパソコンなど情報通信・AV・OA機器の外装材、ヘッドランプなどの自動車部品など幅広い用途に使用されています。
    ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂
    PET樹脂は熱可塑性ポリエステル樹脂の代表的な樹脂で、ガスバリアー性、透明性に優れることからボトル用樹脂として販売しています。
    ポリエチレンナフタレト(PEN)フィルム
    帝人グループが世界に先駆けて開発したPEN(ポリエチレンナフタレート)フィルム「テオネックス」は、PETフィルムがもつ数々の特性をバランス良く高めた高機能フィルムです。高密度データストレージ用テープやエレクトロニクス材料などに使用され、今後ハイブリッド車モーター用絶縁材料などの自動車分野、太陽電池・燃料電池などの環境・エネルギー分野など、幅広い用途での拡大が期待されています。
  • ま行

    マテリアルリサイクル
    廃棄物を製品の原材料として再利用することです。
    日本語では、「材料リサイクル」「材料再生」「再資源化」「再生利用」などといわれることもあります。具体的には、使用済み製品や生産工程から出るごみなどを回収し、利用しやすいように処理して、新しい製品の材料もしくは原料として使うことを示します。
    メタ系アラミド繊維
    メタ系アラミド繊維は、引張強度など繊維特性は汎用繊維並みですが、高い耐熱性、難燃性、耐薬品性、電気絶縁性などの特徴を持っています。
    消防服をはじめとする防護衣料などのアパレル用途に加え、集塵フィルターやコピー機のトナークリーナー、自動車用ホースの補強などの産業資材用途にも使用されております。
    帝人グループでは「コーネックス」という商標で製造・販売しています。
    持株会社
    持株会社が事業会社株式を保有し、事業会社はそれぞれの事業に特化した経営戦略の元、事業を展開させていく制度です。
    帝人グループは2003年度より持株会社制へ移行しました。
    モバイルソリューション
    携帯電話を活用したソリューション(業務上の問題点の解決や要求の実現を行なうための情報システム)のことです。
  • ら行

    リスクマネジメント
    企業活動を進める上で想定されるリスクを洗い出し、頻度や影響度により評価し、予防・制御・対応訓練などの対策を講じることです。
  • わ行

    ワークライフバランス
    仕事、家庭生活、人生を総合的に見つめ直し、自分にとって本当に幸せな働き方や暮らし方を模索すること。それに対応する雇用システムや職場環境を確立することです。
  • A~Z

    CEO
    Chief Executive Officerの略、帝人グループの最高経営責任者です。
    CSR
    Corporate Social Responsibilityの略で、企業と社会の健全な成長を促すために、企業が社会に対して貢献すべき義務と責任のことです。
    D/Eレシオ
    資金調達がどの程度負債でまかなわれているかを示します。
    数字が大きいほど負債でまかなわれている割合が高いことになります。
    有利子負債株主資本比率=期末有利子負債/期末自己資本
    ESH
    環境、安全、健康を示す、それぞれの英語表記である
    "Environment"、"Safety"、"Health"の頭文字を取って名付けた帝人グループが取り組む環境、防災・安全、健康活動の総称です。
    Ethibel Sustainability Index
    国際的な社会的責任投資の指標の一つです。
    FTSE4GGood Index Series
    国際的な社会的責任投資の指標の一つです。
    Human Chemistry, Human Solutions
    テイジングループが顧客や社会に向け宣言した「約束」で、「人と地球環境(Human)に配慮した化学技術(Chemistry)の向上と、社会と顧客(Human)が期待している解決策(Solutions)を提供することで本当の価値を実現することに挑戦し続けること」を意味しています。
    ISO14000
    電気分野を除く工業分野の国際的な標準規格を策定するための民間の非営利団体である国際標準化機構*1(ISO*2)が策定した環境マネジメントシステム(EMS*3)に関する規格です。企業(組織)の活動、製品およびサービスによって生じる環境への負荷を持続的に低減するシステムを構築するための国際標準規格の名称、別名「環境ISO」とも呼ばれています。
    • *1
      Iternational Organization for Standardization
    • *2
      Iギリシア語の"isos(均質、均質)"に由来する接頭辞"iso-"を元にした単語
    • *3
      Envrionmental Management System
    ISO9000
    世界的に通用する、企業の品質管理(製造から検査・アフターサービスに至る一連の仕組み)を認証する規格です。
    MS-SRI
    日本における社会的責任投資の指標の一つです。
    QOL(Quality of Life)
    クォリティ・オブ・ライフとは、「生きていることの価値」という意味で、生活の豊かさや、健康、安全、ゆとり、仕事・趣味・人との触れ合いなどを通じて得られる人生のさまざまな喜び、さらには、地球上のすべての生命の大切さ、という広い意味を込めたことばです。
    ROA
    事業活動に使用している資産によって利益がどれだけ効率よく得られているかを示す指標です。
    総資産営業利益率=営業利益/期首・期末平均総資産
    ROE
    株主の投じた資本によって利益がどれだけ効率よく得られているかを示す指標です。
    自己資本当期純利益率=当期純利益/期首・期末平均自己資本
    SPD制度
    Specialty Development Programの略で、帝人の人財育成制度です。
    TRMコミティー
    取締役会内にCEOを委員長とした「TRM(Total Risk Manegement)コミティー」(統合リスク管理委員会)を設置し、主として業務運営リスクを対象に重大リスクに対する統合管理を行います。
    TSVA
    Teijin Shareholders´ Value Addedの略で、帝人グループ独自の事業を評価する指標です。事業の産み出す利益がどの程度資本コストをカバーしているかを示します。
    TSVA=当期純利益-自己資本×資本コスト