決算情報

2018年3月期決算

  • 売上高
    • 各事業の販売は総じて堅調に推移
    • 複合成形材料分野のCSP社*連結子会社化で増収
      * コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス社:2017年1月に連結子会社化
  • 営業利益
    • アラミド繊維、樹脂、医薬品の販売が好調
    • 17年度 医薬品分野における新規アルツハイマー病治療薬候補化合物の導出対価受け取り
    • 赤字であった米国在宅医療からの撤退が増益に寄与
  • 純利益*
    • 営業利益 増益
    • 17年度 固定資産売却益を計上
    • 16年度 米国在宅医療からの撤退に伴う特殊要因約110億円(益)を含む

売上高は、16年度7,413億円、17年度8,350億円で、増減+937億円。営業利益は、16年度565億円、17年度698億円で、増減+133億円。経常利益は、16年度559億円、17年度678億円で、増減+119億円。当期純利益は、16年度501億円、17年度456億円で、増減-46億円。

総資産は、17年3月末9,641億円、18年3月末9,862億円で、増減+221億円。自己資本は、17年3月末3,384億円、18年3月末3,929億円で、増減+545億円。有利子負債は、17年3月末3,762億円、18年3月末3,442億円で、増減-320億円。

* 親会社株主に帰属する当期純利益