2012年1月17日

世界最大級のスポーツ用品国際展示会 「ISPO(イスポ)展」に出展します

帝人ファイバー株式会社は、1月29日~2月1日にドイツのミュンヘンで開催されるスポーツ用品国際展示会「ISPO」に出展します。
14回目の出展となる今回は、着用快適性に着目して開発した機能性素材を提案します。ますますスポーツウェアと普段着の境界がなくなる傾向を受けて、運動時や日常の着用シーンにおける快適性、スポーツウェアとしての機能性、これら双方のベストコンディショニングを追求しました。
また今回は、帝人グループの帝人香港有限公司が中国、ASEANで適地生産・適地販売するニット製品、帝人ファイバーが開発した高機能ポリエステル繊維を使用したインナー用資材、スポーツインナーを含む衣類まで幅広く紹介し、帝人グループトータルでスポーツウェア市場に向けた提案を強化していきます。
同展示会は、スポーツ用品展示会として世界最大級の規模を誇り、昨年は2,267ブランドが出展し、106カ国から約82,000人が来場しました。
帝人グループは、今回の出展を機に、より多くの顧客・地域・用途に向けた機能素材の展開を加速していきます。

【主要プロモート素材】
・「エコストーム」
基布にリサイクルポリエステル繊維「エコペットプラス」を使用し、ポリエステルの薄膜フィルムをラミネートすることにより、循環型リサイクルを可能にした高機能防水透湿素材です。特に最近は、環境を重視する北欧のアウトドア系ブランドから高い評価を受けており、今回はバリエーションを増やして提案します。

・「エコピュアー」
一般に健康な人の肌は弱酸性であると言われていますが、特に夏場や冬場は、汗や乾燥により肌のpHがアルカリ性に偏りがちで、この状態が長く続くと、有害菌の繁殖によるいやな臭いや汚れが発生します。これに対し「エコピュアー」は、本来疎水性(中性)であるポリエステルの表面を肌と同じ弱酸性に改質することで、発汗時にも衣服を弱酸性に保持する「pHコントロール」機能を持ち、さらに衣服を清潔に保つ機能である抗菌性、消臭性、防汚性と優れた耐久性とを共に実現しました。

・「デルタ」
生地バランスを究極まで追求することで、これまで不可能であった物性・機能・品位の高次元融合を実現した次世代型新素材です。緻密でフラットな特殊構造により防風性を向上させ、また、生地表面の糸の引っかかりや引きつれを防ぎ、さらに新規性のある外観、ソフトな風合いと、高耐久性、ストレッチ性、UVカット、防透性などの多くの機能性を持ち合わせています。

「エコストーム」「エコピュアー」「デルタ」は、帝人ファイバーが展開するポリエステル製品の循環型リサイクルシステム「エコサークル」により回収・再生が可能であることから、環境配慮型の素材であることも提案していきます。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。