2012年1月31日

中国で初めてユニフォームの循環型リサイクルを展開

帝人グループは、アサヒグループホールディングス株式会社の中国拠点2社と共同で、ポリエステル製防寒ユニフォームの循環型リサイクルプログラムを展開することとしました。ユニフォームにおける循環型リサイクルの展開は中国で初めてのことです。

ユニフォーム正面 ユニフォーム背面
このたび共同でユニフォームの循環型リサイクルを展開するのは、農業・乳業事業を展開する山東朝日緑源農業高新技術有限公司および山東朝日緑源乳業有限公司(両社とも、本社:山東省莱陽市、総経理:前島 啓二、以下、両社合わせて「朝日緑源社」)で、両社の全社員約200名が着用するポリエステル製の防寒ユニフォームをリサイクルします。
このユニフォームは、帝人ファイバー株式会社(本社:大阪市中央区、社長:福島 敏秀)が製造・販売する再生可能なポリエステル繊維を、南通帝人有限公司(本社:江蘇省南通市、総経理:中川 浩孝)が製織・染色し、その生地を用いてアパレルメーカーが製品化したもので、本年1月より、朝日緑源社の社員が着用を開始しています。
使用済みとなったユニフォームは、朝日緑源社の社員から回収された後、帝人ファイバーが展開する循環型リサイクルシステム「エコサークル」*により、同社の松山事業所内にあるケミカルリサイクル工場に運搬され、石油から製造するものと同じ品質のポリエステル繊維として再生されます。
ポリエステル長繊維の製織・染色加工・販売を手がける南通帝人は、中国内地向けの事業拡大の一環として、これまで注力してきたスポーツおよびアパレル用途に加え、市場の成長が期待されるユニフォーム用途への拡販を進めています。今後、中国市場における「環境対応型」商品への関心の高まりを背景に、帝人ファイバーとともに「エコサークル」のさらなる拡大を目指します。

*「エコサークル」
帝人ファイバーが世界で初めて開発した、ポリエステルのケミカルリサイクル技術を核とした循環型リサイクルシステム。賛同する国内外アパレルメーカーやスポーツメーカー150社以上と共同で、商品の開発およびその回収・リサイクルを進めている。化学的に分子レベルまで分解し、石油から製造するものと同じ品質の製品に再生できるため、従来のリサイクルの課題であった品質劣化を回避でき、また、何度でも繰り返しリサイクルできるため、石油資源の使用を抑え、廃棄物を削減することができる。石油からポリエステル原料を製造する場合に比べ、エネルギー消費量、二酸化炭素排出量ともに約80%削減することができる。

【 南通帝人有限公司 総経理 中川 浩孝のコメント 】
中国においては、すでにスポーツブランドの李寧と「エコサークル」の取り組みを進めていますが、今後はユニフォーム用途でも注力していくこととしています。このたび、よき理解者である朝日緑源社との取り組みを開始することができましたので、これを契機として、中国での「エコサークル」の環がますます拡がることを期待しています。

【 朝日緑源社 総経理 前島 啓二のコメント 】
当社は、酪農事業で発生する堆肥を栽培事業での土壌改良に活用することで、農薬や化学肥料に頼らず、安全・安心で高品質な農産物をつくる循環型農業を目指しています。帝人の「エコサークル」は、当社の経営理念にマッチする環境にやさしい取り組みであることから、このたび中国の社員とともに参加することとしました。
参考会社概要
会社名  山東朝日緑源農業高新技術有限公司
本社所在地  中華人民共和国山東省莱陽市
代表者  総経理 前島 啓二
設立  2006年
事業概要  野菜、苺、酪農の生産・販売

 

会社名  山東朝日緑源乳業有限公司
本社所在地  中華人民共和国山東省莱陽市
代表者  総経理 前島 啓二
設立  2008年
事業概要  牛乳の製造・販売
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。