2012年2月10日

国際的なCSR評価で優れた企業と認定!

帝人株式会社は、このたび、世界を代表するSRI*評価会社であるSAM(Sustainable Asset Management)のCSR評価において、特に社会貢献活動や危機管理、技術革新に関する取り組みが高く評価され、「Bronze Class」を獲得しました。
*SRI:Socially Responsible Investmentの略。社会的責任投資。
bronze classSAMは、企業の経済・環境・社会面での持続可能性について毎年評価を行っており、世界の大手企業約2,500社の中からCSR活動に優れた企業433社を選び、その中でも特に優秀な企業に対し、「Gold Class」「Silver Class」「Bronze Class」の格付けを行っています。

当社が分類されている化学セクターでは、当社を含む8社が格付けを獲得しました。また、今回の評価では、全セクターで14社の日系企業が格付けを獲得しましたが、当社は化学セクターで格付けを獲得した唯一の日系企業となります。

なお、当社のCSRに対する取り組みは国内外で高く評価されており、国際的なSRI指標である「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」「ダウジョーンズ・サステナビリティ・アジアパシフィック・インデックス」「FTSE4Good」「エティベル・サステナビリティ・インデックス(インベストメント・レジスター)」や、日本国内で代表的なSRI指標である「モーニングスター社会責任投資指数」にも採用されています。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。