2012年3月 8日

中国・瀋陽市が下水処理に「MSABP®」を一括採用

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)が展開する水処理事業の中核装置である多段式生物処理装置「MSABP」*1が、このたび、中国・瀋陽市内の新たな開発区にある複数の下水処理場に一括採用されました。

下水処理場は、1か所に下水を集めて処理をする集中処理方式が一般的ですが、下水管網の整備に莫大な費用および長期間の工事を要するというデメリットがあります。さらに、いったん大規模な処理場を設置してしまうと、人口の増減に伴い下水量が変化した際に、処理場の規模と下水量とのミスマッチが発生する難点もありました。
一方、中小規模の下水処理場を数か所に分ける分散処理方式は、工期が短いというメリットがある反面、処理場ごとに初期投資コストが発生することや、発生する汚泥の資源化が難しく、運搬や焼却などの処理費用が継続的に発生することなどから、コスト高になるというデメリットがあります。そのため、大都市やその近郊では分散処理方式が普及していません。

瀋陽市では、2013年に開催される国体に向けて開発を進めている同市南部の渾南新区において、集中処理方式の下水処理場の新設を検討していましたが、膨大な費用が発生することに加え、国体の開催に間に合わないという問題を抱えていました。
こうした中、当社は理想的な分散処理を実現できる設備として「MSABP」を提案し、瀋陽市に一括採用されることになりました。
下水処理方式イメージとそのデメリット
 「MSABP」は、汚泥削減率が高い生物処理による装置で、日本下水道事業団との共同研究により、中小規模の下水処理場で採用例の多いOD(オキシデーションディッチ)法に比べ、余剰汚泥の発生量を78%削減(汚泥処理分を含む)できることが確認されています。また、運転および維持管理が容易なため、遠隔監視による一括管理も可能となっており、さらに今回採用される装置は、コンテナサイズであるため、設置や移動が容易であることも大きな特徴となっています。

瀋陽市は、「MSABP」を一括採用することにより、汚泥処理装置が不要となる、もしくは極小化できるとともに、遠隔監視により複数の下水処理場を集中管理することが可能なため、運転・管理に要する人件費を抑制することができます。また、分散処理方式とすることで下水管網整備を極小化し、工期を短縮することができるため、国体開催までに下水処理を整備することも可能です。さらに、将来の人口増加により集中処理方式に切り替える場合も、コンテナサイズの「MSABP」は移動して再利用することが可能であり、瀋陽市のニーズを満たすことができます。

このたびの契約は、伊藤忠(中国)集団有限公司(本社:中国 北京市、董事長:小関 秀一)の関連会社で、中国国内において排水処理事業を幅広く展開している成都聯和環保科技有限公司(本社:中国 四川省成都市、総経理:蒲 軍)と瀋陽市とのEPC*2契約によるものです。

当社は、インドネシアや中国において「MSABP」による工場廃水処理の実証試験を実施しており、中国・江蘇省宜興市では農村集落排水の整備を目的とした実証試験を実施しています。また、「MSABP」は、日本国内をはじめ、中国・アンゴラなどでも工場廃水処理を中心に採用が広がっています。当社は、今後も特徴ある総合排水処理ソリューションを国内外でさらに広く展開し、排水再利用、省エネルギーおよびCO2削減に貢献していきたいと考えています。

*1 「MSABP」: 帝人が展開している生物処理による排水処理装置。生物反応槽を多段に区切り、各曝気槽内に特殊繊維を用いた微生物担持体を配列して、食物連鎖の場を生物反応槽内に構成させることにより、汚泥減容・省メンテナンス・省エネ・低コストなどを実現する。コンテナサイズにコンパクトにまとめることも可能で、移動・携帯性に優れることから、分散処理ニーズにも対応可能な装置となっている。「MSABP」は、米国Aquarius Technologies Inc.社の登録商標。
*2 EPC:Engineering, Procurement & Constructionの略。工事の設計から設備の調達、建設および指導員派遣までを請け負う業務形態。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。