2012年3月15日

ポリカーボネート樹脂の価格改定について

帝人化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:酒井 和幸)は、このたびポリカーボート樹脂の販売価格を下記のとおり改定することとしました。
 
1.価格改定の背景
 (1) 当社のポリカーボネート樹脂の原料は、昨年末からの石化原料市況高騰の影響で騰勢に転じています。主原料であるビスフェノールAは、粗原料であるベンゼン価格の高騰に伴って価格が上昇し、その他の副原料も原油やナフサの高騰を受け、価格が上昇しています。さらに、工場稼働に必要となる重油などの価格も上昇しています。
 (2) これらの環境下において、当社は独自の合理化努力を続けてきましたが、これらのコスト上昇は合理化努力で吸収しうる範囲を超えており、このたび止む無く製品価格を改定することとしたものです。

2.価格改定の内容
 (1)対象製品: 「パンライト」(ポリカーボネート樹脂)
「マルチロン」(ポリカーボネート系アロイ樹脂)
 (2)改定内容: 【国内】40円/kg以上 【海外】0.4US$/kg以上


3.改定時期
2012年3月19日出荷分より

当件に関するお問合せ先
・報道関係のお問合せ
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

・その他のお問合せ
帝人化成株式会社 総務人事部 03-3506-4704

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。