2012年3月23日

グローバルに科学者を育成するため 中国における奨学金事業を拡大します!

帝人グループが学術・文化の振興活動として運営している「公益財団法人 帝人奨学会」(理事長:大八木 成男)は、中国での科学技術の振興および優秀な学生の学業支援を目的として、2010年度より中国における奨学金給付事業を開始しており、すでに4大学36名(2010年度:12名、2011年度:24名)の学生に奨学金を給付していますが、このたび、奨学金給付事業を拡大し、年間給付人数を2011年度の1.5倍に相当する36名とすることとしました。

中国奨学生の認定式帝人グループは、中長期経営ビジョン「CHANGE for 2016 -革新と実行-」の経営目標を実現するため、成長戦略の1つとして、中国やブラジルをはじめとするアジア・新興国を重点地域として業容拡大を図る「地域ポートフォリオの変革」を掲げています。このたびの奨学金事業拡大により、中国の優秀人財の育成支援にさらに貢献することで、今後の帝人グループ全体のプレゼンス向上につながることを期待しています。

【中国における奨学金制度】
(1) 設立目的
・中国をはじめとするアジア地域における科学技術の振興
・優秀な学生への学業支援
(2) 2012年度奨学金制度概要
・給付対象:北京大学、清華大学、復旦大学、上海交通大学の技術系修士課程在籍者
・給付人数:36名
・給付額:1人あたり年間8,000元(約10万円) *返還義務無し

【帝人グループの中国における教育・学術支援活動】
当奨学金制度の他、これまでも中国において『東京工業大学と清華大学の学術連携支援』『南通帝人有限公司による上海市慈善基金会を通じた高校生への奨学金提供』などの活動に取り組んでいます。

【中国奨学生の認定式・交流会を開催】
中国の奨学生の動機づけや大学・専門の違う奨学生同士の人材交流を図るため、昨年・一昨年の北京大学・清華大学の奨学生および両大学関係者の計28名を集め、3月19日(月)に北京大学構内にて「中国奨学金事業 認定式・交流会」を開催しました。

当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。