2012年3月27日

「第5回 中国環境産業大会」において 「2011環境企業競争力大賞」を受賞!

帝人株式会社が展開している水処理事業の中核装置である多段式生物処理装置「MSABP」*が、このたび、清華大学環境学院と中国環境投資聯盟、中国環境投資網が主催する「第5回 中国環境産業大賞」において、「2011環境企業競争力大賞」を受賞しました。

「環境企業競争力大賞」は、主催者により構成される環境分野専門家採択委員会が、中国国内の環境関連企業および日本を含む海外の環境関連企業の中から、中国国内における環境保護分野で突出した事業実績や社会貢献をした企業に対して授与する栄誉賞です。今回の受賞企業は、中国国内21社、外国企業3社となっており、外国企業の受賞は初めてのことになります。このたびの受賞は、中国・瀋陽市の下水処理について、「MSABP」により複数箇所に分散した下水処理場を集中管理する方式を可能にしたことによるものです。瀋陽市は、「MSABP」を導入することにより汚泥発生量が極小化され、運転管理が容易となり、集中監視が可能となることから、下水道の理想的な分散処理を実現することができました。

帝人グループは、中国を中長期の成長戦略における最重要市場の1つと位置づけており、事業拡大を推進しています。「MSABP」は、汚泥の発生を極小化できるという特徴から、人口増加に伴う汚泥処理問題が顕在化しつつある中国国内において、環境に配慮した水処理装置として注目されており、このたびの瀋陽市の下水処理場をはじめ、江蘇省宜興市における農村集落排水の整備を目的とした実証試験の実施や、工場の廃水処理への採用など、中国国内で幅広く展開しています。当社は、今後も特徴ある総合排水処理ソリューションをさらに広く展開し、中国国内での事業拡大を図っていきます。

*「MSABP」: 帝人が展開している生物処理による排水処理装置。生物反応槽を多段に区切り、各曝気槽内に特殊繊維を用いた微生物担持体を配列して、食物連鎖の場を生物反応槽内に構成させることにより、汚泥減容・省メンテナンス・省エネ・低コストなどを実現する。コンテナサイズにコンパクトにまとめることも可能で、移動・携帯性に優れることから、分散処理ニーズにも対応可能な装置となっている。「MSABP」は、米国Aquarius Technologies Inc.社の登録商標。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。