2012年3月28日

中国における相互発展を目指して 中国化学繊維工業協会と相互連携について基本合意

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)と中国化学繊維工業協会(本部:中国北京市、会長:端 小平)は、このたび、中国の化学繊維産業と関連産業の発展、および中国における帝人の繊維事業の発展に向けて、相互に協力していくことを合意しました。中国化学繊維工業協会が国外の民間企業と包括的な相互連携を行うのは今回が初めてのことであり、今後、中国化学繊維工業協会が先進的なグローバル企業と連携していく上でのモデルとなります。

帝人 大八木CEO(左)、中国化学繊維工業協会 端会長(右)
当基本合意により、両者は中国において密接な連携およびプロジェクト推進を通じて双方のさらなる発展を目指すこととなり、具体的には、中国化学繊維工業協会が紹介する現地の有力企業と帝人グループ各社が次の内容について協議を行い、事業化を推進していきます。
□ 中国の繊維製品の高付加価値化、差別化、生産効率の向上
□ 高機能繊維の開発、および普及促進
□ 特色ある事業の育成
□ 環境負荷低減による持続可能な社会実現への貢献
□ 循環型リサイクルシステムの構築
□ その他、両者で合意した案件

この中で、ポリエステル製品の循環型リサイクルシステム構築については、既に具体的な検討を進めており、このたび環境経営に注力する有力企業である精工集団有限公司グループの浙江佳宝新繊維集団有限公司(本社:浙江省紹興市、総経理:何 偉)と、帝人グループの世界最先端のケミカルリサイクル技術、および循環型リサイクルシステム「エコサークル」の展開により培ったビジネスモデルの知見を活かすことにより、中国における循環型リサイクルシステム構築を推進していくことを基本合意しました。

帝人グループは、中国を中長期の成長戦略における最重要市場の1つと位置づけており、現地企業との戦略的アライアンス、生産・開発拠点の拡大、環境ビジネスの推進などにより、事業拡大を推進していくこととしています。このたびの基本合意により、これまで培ってきたポリマーや繊維の技術および知見を生かし、中国の化学繊維業界の発展に貢献するとともに、現地の有力企業との協業や合弁を通じてさらなる事業拡大を図っていきます。

一方、中国の化学繊維の生産高は世界の60%以上を占めていますが、昨今の原燃料価格上昇、低炭素社会や環境保全への要求の高まりなどから、中国化学繊維工業協会は、製品の差別化、高付加価値化を目指した「産業構造の改革」を課題として、さらなる競争力強化を推進しています。中でも、2015年までの第12次5ヵ年計画において、「高機能」「省エネルギー」「廃棄物削減」などは中国の化学繊維産業の発展に向けた重要項目となっています。中国化学繊維工業協会では、同分野に大きな強みを持つ先進企業との提携が中国の産業発展に資すると判断し、その第一弾として、このたび帝人グループとの基本合意に至りました。
【帝人株式会社 代表取締役社長執行役員 CEO 大八木 成男 のコメント】
日中国交正常化40周年の記念すべき年に、このような連携の機会を持つことができることを心より嬉しく思います。このたびの中国化学繊維工業協会との相互連携を通じ、第12次5ヵ年計画において戦略新興産業に指定されている化学繊維産業の省エネ・環境保全などの推進に、帝人グループの技術や知見を活用したソリューションで貢献できることを誇らしく思いますとともに、成長が続く中国市場において現地企業とともに発展していけることを確信しています。

【中国化学繊維工業協会 会長 端 小平 のコメント】
中日両国の化学繊維業界は、長年にわたり協力関係を築いてきました。両国にはそれぞれ特徴があり、相互に補完、協力することができます。このたび、中国化学繊維工業協会として帝人株式会社と相互連携することにより、今後、国を越えてイノベーションに挑戦していきます。中国の化学繊維業界には、第12次5ヵ年計画の期間内に「外国からの導入、外国への進出」という産業国際化モデルを確立することが期待されています。一方、帝人はいくつかの分野において、中国の化学繊維業界にとって有用な先端技術と貴重な経験を持っています。私はこのたびの相互連携が、中日双方の化学繊維業界にとって有意義な将来を切り開くことを確信しており、大いに期待しています。
参考
■ 中国化学繊維工業協会について
中国の化学繊維業界における唯一かつ最大の全国組織で、1993年に設立された非営利の業界団体。中国全土の関連企業・大学・研究機関など約400の会員で構成されている。

■ 中国における帝人グループの事業展開について
1970年代にポリエステル繊維事業で中国へのプラント輸出を実施して以来、北京・上海などの主要都市に生産・販売・マーケティングなどの拠点を構築してきた。現在、中国本土に主要グループ会社12社、約2,000人の従業員を擁し、アラミド繊維、炭素繊維、ポリエステル繊維、フィルム、樹脂、医薬医療、流通製品などの事業を展開している。2010年4月には、帝人グループの中国における戦略的展開の中核拠点として、市場開拓、事業開発、新規投資などの推進を担う統括機能会社「帝人(中国)投資有限公司」を上海に設立した。現在の中国市場における売上規模を、2020年近傍までに3~4倍規模にまで拡大することを目指している。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。