2012年3月29日

アラミド繊維「トワロン®」が海上用重量物クレーンで活躍しています

テイジン・アラミドB.V.(オランダ・アーネム市)が 製造・販売するパラ系アラミド繊維「トワロン」が、このほど、重量物運搬船「ハッピー・バッカニア(Happy Buccaneer)」号に装着される海上用重量物クレーンの特殊ケーブルに採用されました。ロイド船級協会*が定める基準を満たす海上用重量物クレーンにアラミド繊維が採用されたのは、初めてのことです。

*ロイド船級協会:世界で最も歴史のある船級協会。本部は英国。船舶の効率的かつ安全な運航のため、船舶の設計・建造から就役までの過程で国際的に認識された品質基準を維持していることを検査・証明する。

「ハッピー・バッカニア」号のクレーン「トワロン」は、同じ重量の鉄に比べて6倍の強度を誇り、軽量で、耐熱性、耐衝撃性、寸法安定性、柔軟性に優れるなど、ケーブル用途に適した特性を有しています。「トワロン」を使用することで、この特殊ケーブルは、細径、軽量でありながら、920トンという非常に高い最低破断強力を実現しています。また、高い安全性を兼ね備えており、厳しい気候条件下でも使用することができ、さらに取り扱いやクレーンへの取り付けも容易です。
「トワロン」製のケーブルを装着した「ハッピー・バッカニア」号のクレーンは、半径55メートルまでアームを伸ばすことができます。また、アームを35メートルまで伸ばした状態で最大350トンの重量物をつり上げることが可能で、アームの伸展距離およびつり上げ可能な重量が、ともに従来に比べて倍増しています。
「ハッピー・バッカニア」号は、世界有数の搬船メーカーであるBigLift Shipping B.V. (オランダ・アムステルダム市)の代表的な船舶で、1984年から世界を航海し、さまざまな重量物を運搬しています。「トワロン」ケーブルを使用することで、この重量物運搬船の作業範囲が大幅に広がり、作業効率も向上することになります。
参考帝人のアラミド繊維について 
アラミド繊維は、一般的に高強力、耐熱性、寸法安定性、耐薬品性などの特性を持つ高機能繊維の一つで、パラ系とメタ系の2種類に大別される。帝人グループは、この異なる2種類のアラミド繊維を事業化している世界屈指のメーカー。パラ系アラミド繊維は、特に強度、防弾・防刃性などに優れ、主として防護衣料、自動車のブレーキパッドなどの摩擦材やタイヤの補強材、光ファイバーケーブルの補強材などに使われており、年率7~9%の市場成長が見込まれている。帝人グループは、オランダで生産する「トワロン」と、日本で生産する「テクノーラ」で世界市場の約2分の1を占める。メタ系アラミド繊維「コーネックス」は、長期耐熱性や難燃性に優れ、耐熱フィルターをはじめとする産業資材や消防服などのユニフォームに使われている。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報・IR室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。