2012年4月11日

アジア最大の国際プラスチック見本市 「チャイナプラス2012」に出展します

帝人化成株式会社は、4月18日~21日に上海新国際エキスポセンター(中国・上海市)で開催されるアジア最大の国際プラスチック・ゴム工業見本市「チャイナプラス(Chinaplas) 2012」に出展します。(ブース番号:N1館H41)
「CONCH」
帝人化成は中国を最大の注力市場と位置付けており、2000年から「チャイナプラス」に出展しています。13回目の出展となる今回は、帝人グループの素材を使用して製作された環境配慮型EVコンセプトカー「CONCH」*を展示します。

また、自動車、環境エネルギー、情報エレクトロニクス、ライフ&ヘルスケア分野における軽量化、省エネ、性能・安全性向上など、PC樹脂「パンライト」や「パンライト」シートをはじめとする帝人化成の製品による最新のソリューションを紹介します。

*「CONCH」:工業製品の試作モデル製造メーカーである株式会社フィアロコーポレーションが製作した環境配慮型EVコンセプトカー。窓にガラスの代替として「パンライト」樹脂グレージングを使用し、ボディに鉄の代替として帝人の炭素繊維「テナックス」を使用することで、軽量化を実現しています。また、シートには帝人の高耐熱性バイオプラスチック「バイオフロント」を使用するなど、環境に配慮した未来の電気自動車をイメージして製作されました。

参考帝人化成の中国展開について
帝人化成は、アジア地域における市場シェアNo.1のPC樹脂メーカーとして、グローバルに事業を展開しており、中でも成長著しい中国での拡販に注力しています。中国には、PC樹脂の製造・販売を行う帝人聚碳酸酯有限公司(浙江省嘉興市、2005年4月生産開始)をはじめ、PC樹脂のコンパウンド製品を製造・販売する帝人化成複合塑料(上海)有限公司(上海市、2003年8月生産開始)、テクニカルセンター(上海市、2005年9月開設)など複数の拠点を有し、開発・生産・販売・技術サービスを展開しています。また、2010年4月には、さらなる業容拡大に向けて中国域内でのより効率的な運営を図るため、社長直轄の「中国事業統括室」を設置しています。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。