2012年4月27日

電力不足に対する節電対応 「クールビズ」の実施について

帝人グループは、電力不足が懸念された昨年同様、今夏も節電対策の必要性が予想されることから、5月~10月までの6カ月間にわたり「クールビズ」を実施します。詳細は下記のとおりです。
1.背景・経緯
 (1) 帝人グループは環境省の提唱に沿って、2001年より、夏のオフィスの冷房温度を28°Cと設定し、その中でも、涼しく効率的に働くことができるよう、夏の軽装期間として「クールビズ」を実施しています。
 (2) 昨年は、東日本大震災発生に伴う電力不足に対応し、全社的な省エネ活動強化の一環として、従来6月~9月の4カ月間であった「クールビズ」の期間を2カ月延長し、5月~10月の6カ月間にわたり実施しました。
 (3) また、昨年は、環境省が推進する「スーパークールビズ」にならい、ポロシャツやアロハシャツ、ジーパンなど、より幅広い服装での執務を許可しました。
 (4) 今夏も、昨年同様に節電対策の必要性が予想されるため、昨年と同期間・同条件で「クールビズ」を実施するものです。
2.実施期間
5月1日(火)~10月31日(水)

3.実施対象
東京本社・大阪本社(グループ会社を含む)
 
4.実施内容
着用可  ノーネクタイ、ノージャケット、半袖シャツ、かりゆしシャツ
 ポロシャツ、アロハシャツ、チノパン、ジーパン、カジュアルシューズ
着用不可  Tシャツ・ランニングシャツなど襟の無いシャツ、ハーフパンツ、
 スニーカー、サンダル、その他執務に相応しくない服装

5.その他の節電対応
帝人グループでは、「クールビズ」に加え、引き続き省エネルギー施策として、昼休みの消灯や照度低減、コピー機の電力消費の抑制などの節電に取り組みます。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。