2012年6月14日

汗を感じさせない次世代型汗処理機能素材 「トリプルドライ®カラット®」の開発と販売について

帝人ファイバー株式会社(本社:大阪市中央区、社長:福島 敏秀)は、このたび、汗による不快感を大幅に軽減する、オールシーズン対応型のスポーツ素材「トリプルドライカラット」を開発しました。
「トリプルドライカラット」は、肌面にポリエステル撥水糸を用いた3層構造の特殊織編素材です。吸汗・速乾機能に加えて、"汗冷え防止"や"べとつき防止"の機能を備え、汗による不快感をトータルで軽減します。
帝人ファイバーは、「トリプルドライカラット」を2013年秋冬および2014年春夏向けのスポーツウェアの重点素材として展開するとともに、今後はカジュアル衣料およびユニフォーム衣料向けにも幅広く販売していきます。

1.開発の背景
(1) 汗対策の代表的な機能である吸汗・速乾機能を持つ素材は多数開発されていますが、発汗時の不快感を軽減するという意味では、どの素材も機能レベルが十分ではなく、その効果を体感できるだけの機能を持つ商品のニーズがますます高まっています。
(2) こうした中、帝人ファイバーは、発汗による不快感の完全解消を狙いとして、吸汗・速乾機能の向上に加え、着用時に汗を感じさせないための"汗冷え防止"や"べとつき防止"を追求した次世代型汗処理機能素材「トリプルドライカラット」の開発に成功しました。
2.素材の特徴
・"汗冷え"や"べとつき"を防ぎ、汗の不快感をトータルで軽減
ポリエステル撥水糸と3層の特殊織編構造を組み合わせ、汗による不快感をトータルで軽減します。3層構造が毛細管現象によるポンプ作用で汗を素早く吸い上げ、拡散するとともに、生地の肌側に最適配置したポリエステル撥水糸の「完全疎水層」が、いかなる発汗状況においても汗を感じさせず、不快感の元となる "汗冷え"や"べとつき"を防ぐため、常に優れた着用快適性が得られます。また、ポリエステル撥水糸は原糸レベルでの撥水剤の練り込みにより作られているため、何回洗濯しても高い機能性を維持することができます。


性能 効果
吸汗・速乾 汗が速やかに表面に移動し、優れた拡散性を示します。さらに、脱水性に優れ、すばやく生地を乾燥させます。
汗冷え防止 肌面にある完全疎水層が、一旦吸い込んだ汗が肌に濡れ戻るのを抑え、汗冷えを防止します。
べとつき防止 肌面に完全疎水層を持つため、大量発汗時においてもウェアは肌に密着することなく、快適な肌離れ性を保ちます。

・他の機能素材と組み合わせ、多様な商品展開が可能
原糸レベルで機能を付与する技術をベースとしているため、顧客の要求特性に応じて、高バランス織編物「デルタ」や自己調整機能テキスタイル「ファイバライブ」など、当社の他の特殊機能素材と組み合わせた多様な商品展開が可能です。

3.販売目標
2013年度 100,000m/年
2015年度 500,000m/年

4.特許
1件出願中(海外特許1件)
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。