2012年6月14日

被災地の児童に高機能Tシャツを贈ります!

大妻女子大学と帝人ファイバー株式会社は、東日本大震災で被災した児童にTシャツ570枚を寄贈することとしました。
 

寄贈するTシャツ

この取り組みは、被災地の児童に元気に駆け回ってもらいたいとの思いから始まったプロジェクトで、帝人ファイバーが生地を無償提供し、大妻女子大学家政学部水谷研究室の学生がデザイン、縫製したTシャツを寄贈するものです。
寄贈されるTシャツには、帝人ファイバーが開発した、肌を弱酸性に保つphコントロールポリエステル素材「エコピュアー」を使用しており、素材に備わった「抗菌機能」「消臭機能」「皮脂汚れ防止機能」が発揮されることで、汗や泥にまみれて駆け回る被災地の児童を応援します。
大妻女子大学では、募金活動やボランティア活動の他、スクールバッグや家具の寄贈、さらには学術的支援に至るまで、震災直後から全学を挙げて継続的に被災地の支援を行っており、今後も積極的かつ多面的な被災地支援に貢献するとともに、健全で持続可能な社会の実現に貢献する人財の輩出を推進していきます。
また、帝人グループでは、東日本大震災の被災地に対し、義援金や毛布・マスクなど生活支援物資の提供、在宅医療用の酸素ボンベや医療機器の無償提供など、総額5億円以上の支援を行っています。当社はこれらの取り組みが被災地復興の一助となることを強く願っており、これからも復興支援に貢献していきたいと考えています。

【Tシャツの寄贈式について】
 日時: 6月15日(金)9:10~
 場所: 岩手県釜石市教育委員会(岩手県釜石市鈴子町15番2号)
 寄贈内容: Tシャツ570枚
デザイン:大妻女子大学家政学部水谷研究室
素材:帝人ファイバー「エコピュアー」
 寄贈者: 大妻女子大学家政学部水谷研究室
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。