2012年6月29日

電力不足の解消および計画停電の回避に向けて 四国電力への自家発電による電力供給について

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)は、今夏、電力不足が懸念される四国電力株式会社に対し、松山事業所(愛媛県松山市)の自家発電による電力を供給することとしました。松山事業所から電力を供給するのは、電力不足が見込まれる7月2日(月)~9月28日(金)の約3か月間で、最大で毎時14,000kwの電力を供給します。
帝人グループでは、かねてより積極的に節電活動を推進しており、大型の自家発電設備を備える松山事業所においては、節電における効果に加え、事業所内の大型プラントの定期修理などによる使用電力の低下も見込まれます。そのため、保有する自家発電設備に一定規模の発電余力があり、電力不足が懸念される四国電力との間でニーズが合致したことから、このたび電力供給契約の締結に至りました。
また、当契約においては、定常的に電力供給することに加え、計画停電の回避に協力すべく、四国電力からの緊急要請に対しても、最大供給量の範囲において、電力を安定的に供給することを確約しています。
帝人グループでは、従来から様々な地域貢献活動に取り組んでいますが、特に自社で展開している在宅医療事業の患者さんにとって、機器の稼働に電力が欠かせないことも踏まえ、自家発電設備の余力活用により、当該地域における計画停電回避に貢献したいと考えています。

【 松山事業所の概要 】
所在地 愛媛県松山市北吉田町77
代表者 事業所長 石丸 賢治
主な製品 ポリエステル繊維、ポリエステル原料、アラミド繊維、
ポリカーボネート樹脂など
自家発電設備 <発電能力> 毎時 約58,000kw
<発電燃料> 石炭、重油
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。