2012年7月 4日

LEXUS「HS250h」のラゲージドアガーニッシュにも採用 新たなデザインを実現する自動車の樹脂ボディ素材を本格展開します

帝人化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:福田 善夫)は、自動車の軽量化を中心とした金属代替ニーズを背景に、自動車の外装・外板用途への展開を進めていますが、このたび、高い寸法精度や成形性、良好な外観特性を兼ね備え、自動車の軽量化だけでなく、従来の金属素材では不可能なデザインの成形を可能にする樹脂「パンライト AM-9937F」を、豊田合成株式会社(以下、豊田合成)と共同開発し、本格展開に向けて市場開拓に注力することとしました。

LEXUS 「HS250h」(Photo:LEXUS)

「パンライト」が採用されたラゲージドアガーニッシュ

1.背景
(1) 地球温暖化防止・化石資源の消費削減など、地球環境保全の機運が高まる中、自動車業界では、環境に対する配慮から、車体の軽量化・燃費改善などが大きな課題となっています。そのため、車体の軽量化に寄与すべく、ガラスや金属の代替として、自動車窓・枠材・ボディ材などといった自動車パーツの樹脂化が進んでいます。
(2) これまでも、ドアハンドルやホイールキャップなど自動車パーツの金属代替素材として、ポリカーボネート(PC)樹脂を中心に、さまざまな樹脂が幅広く使用されてきました。車体の軽量化が進む今日、バックドアやフェンダーなど大型パーツの樹脂化に対する顧客ニーズも日を追うごとに高くなっています。
(3) 従来より、自動車の金属代替素材として、PC樹脂にポリエステル樹脂を混合したポリマーアロイ樹脂*が使われていますが、従来の樹脂では、大型パーツに求められる寸法精度や成形性、良好な外観特性(表面平滑性や色ムラの少なさなど)の両立が難しいという課題がありました。
*ポリマーアロイ:複数のポリマーを混合し、新しい特性を持たせた高分子材料
2.「パンライト AM-9937F」について
(1) このたび開発した新素材「パンライト AM-9937F」は、PC樹脂にポリエステル樹脂を混合したポリマーアロイです。特殊な微細繊維をフィラーとして配合することで、高い耐熱性や成形性、意匠性、耐衝撃性、防錆性などの特性は維持したまま、従来の樹脂では実現不可能であった高い寸法精度と良好な外観特性を両立しています。
(2) これにより、従来の金属素材では難しかったデザインの自動車パーツを製造することが可能となり、この優れた特性が評価され、トヨタ自動車の展開するLEXUSのプレミアムセダン「HS250h」にもラゲージドアガーニッシュ素材として採用されています。
(3) これらの特性に加えて、本樹脂を、自動車の外板部材など、これまで鋼板が使用されていた箇所の素材として使用することで、鋼板比で約20%の軽量化が期待できます。

3.今後の展開について
(1) 金属代替素材として求められる耐衝撃性や寸法精度などのさまざまな高い性能に加え、樹脂ならではの成形性を活かし、自動車のボディ・ガーニッシュなどを中心とした外装・外板用途に展開し、2020年度までに年間100億円規模の売上高を目指します。
(2) さらなる高まりが見込まれる自動車軽量化や高機能化ニーズに応えるだけでなく、自動車のデザイン・意匠性の選択肢を大きく広げることができる新素材として国内外の既存市場の拡大とともに新たな分野への市場に挑戦していきます。
(3) 帝人グループでは、重点技術領域として取り組んでいる『グリーンケミストリー』(地球環境の保護・改善に貢献する技術・高機能素材)のテーマの1つに「自動車の軽量化」を掲げており、その実現に向けた技術・素材開発に注力しています。今後も、帝人グループが有する様々な技術・素材を組み合わせることで、「自動車の軽量化」による環境負荷低減に向けた市場開発を、より一層強化していきます。
当件に関するお問合せ先
・報道関係のお問合せ
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

・その他のお問合せ
帝人化成株式会社 総務人事部 03-3506-4704

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。