2012年7月 9日

革新的セパレータの韓国合弁工場が稼働開始

帝人株式会社は、自社開発の革新的セパレータ「LIELSORT(リエルソート)」について、韓国の有力フィルム加工会社であるCNF社との合弁による生産会社「Teijin CNF Korea Co., Ltd(テイジン・CNF・コリア、本社:韓国牙山市、以下『TCK』)」を設立しましたが、このたびその生産工場が完成し、7月9日よりセパレータの生産を開始することとしました。

TCKの工場
当社は、ポリエチレン基材にメタ系アラミド「コーネックス」およびフッ素系化合物をコーティングした2種の革新的なLIB用セパレータを開発し、「LIELSORT」のブランド名で展開しています。昨年10月末には、韓国企業との合弁によるセパレータ生産会社である「TCK」、およびそのセパレータを販売する100%子会社「Teijin Electronics Korea Co., Ltd(テイジン・エレクトロニクス・コリア、本社:韓国ソウル市)」を韓国国内に設立しており、既に複数の大手電池メーカーより認定を受け、事業展開を加速しています。
このたびTCKで生産を開始するのは、フッ素系化合物をコーティングしたセパレータです。このセパレータは、ポリマー電解質との易接着性や耐酸化性に優れていることから、従来のセパレータと比較し、安定した高電圧を保ちつつ、飛躍的な高容量化を実現することができます。一方、「コーネックス」をコーティングしたセパレータについても認定作業が進んでおり、近く生産を開始する予定です。
「LIELSORT」は、帝人グループが長年培ってきた高分子化学技術により、世界初の両面同時コーティング、および従来の5倍以上に相当する高速コーティングを実現し、より効率的な製造を可能にしました。そして、顧客に密着した生産・販売網の構築、および中国進出の足場の確保を目的として韓国に生産・販売会社を設立しました。こうした取り組みにより、電池性能を飛躍的に向上させる革新的セパレータを提供することで、次世代LIB用セパレータのデファクトスタンダードとなることを目指します。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。