2012年9月21日

社会的責任投資の国際指標 「DJSI World」構成銘柄に4年連続で選ばれました

帝人株式会社は、このほど、世界的に著名な社会的責任投資(SRI:Social Responsible Investment)の指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(Dow Jones Sustainability World Index、以下『DJSI World』)」の構成銘柄に4年連続で採用されました。

DJSI World
DJSI Worldは、1999年に米ダウ・ジョーンズ社とSRI分野の調査・格付け会社であるスイスのSAMグループが共同開発した株式指標で、毎年、約2,500社の企業を対象に「経済性」「環境への取り組み」「社会的活動」の3分野で企業の持続可能性を測定し、総合的に優れた企業を選定しているものです。

9月24日に発効となる2012年度のDJSI Worldでは、世界で340社(うち日本企業は20社)が採用銘柄として選定されました。化学部門に属する企業は全11社で、そのうち当社は唯一の日本企業です。

また、当社はDJSIのアジア太平洋地域版である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・アジアパシフィック・インデックス(Dow Jones Sustainablity Asia Pacific Index、以下『DJSI Asia Pacific』)」においても、このたび4年連続で構成銘柄に選定されました。

帝人グループは、その他にも、国際的なSRI指標であるFTSE4Good Index(評価基準:環境への取り組み、社会的活動、人権配慮)や、ETHIBEL Investment Register(評価基準:経済性、環境への取り組み、従業員配慮、社会的活動)にも採用されています。このたびDJSI WorldおよびDJSI Asia Pacificに継続選定されたことにより、社会的責任に対する取り組みが、あらためて世界的に高く評価されたことになります。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。