2012年10月 5日

「あったかすっぽり」シリーズにお子様に最適なショートサイズ登場 新発想の掛布団「あったかすっぽりケット ショート」 の発売について

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)は、日中もポンチョのように使用することができる、軽くて暖かい新発想の掛け布団「あったかすっぽりケット」にこのたび新アイテムとして、ショートサイズの「あったかすっぽりケット ショート」を追加し、展開していくこととしました。
使用例1 使用例2
「あったかすっぽりケット」は、頭からすっぽり被り、リビングでくつろぐ時など、日常生活においても使用することができる新発想の寝具として好評を得ていますが、「子供用の小さなタイプも欲しい」「よりコンパクトな動きやすいタイプが欲しい」などのお客様の声に応え、新たにショートサイズを展開するものです。
「あったかすっぽりケット ショート」は、10月上旬から総合通販「ディノス」のカタログによる販売を開始し、その後、テレビ通販などへと販路を拡大しながら、本格的に展開していきます。
 
1.商品特徴
(1) “すっぽり”被って、どこでも“あったか”
掛け布団としてだけでなく、真ん中から顔を出して着用することもできる新発想の寝具です。ポンチョのようにすっぽり被り、体全体を包み込むことで体の熱を溜め込み、いつでもどこでも暖かく過ごすことができます。
(2) お子様に最適なショートサイズ
ショートサイズ(110cm×145cm)のため、お子様用に最適です。また、大人の方にも動きやすいハーフ丈サイズとして快適にご利用いただくことができます。
(3) 高機能素材で「軽さ」と「暖かさ」を両立
中綿には保温性に優れたタテ型不織布「V-Lap」*1、表地には軽量で暖気が外に逃げにくい高密度織物「マイクロフト」を使用し、「軽さ」(総重量約540g)と「暖かさ」を両立しました。また、裏地はフレンチパイル*2起毛のため冷え感がありません。
*1「V-Lap」 : 繊維を垂直(タテ)方向に配向させた不織布。V-Lap社が設計した不織布製造設備を帝人ファイバー(現 帝人)が2007年に世界で初めて導入した。
*2フレンチパイル : 編み物(ニット生地)の1種。無数の糸をタテ方向に編んだニット生地のこと。生地が薄くてもしっかりしているのが特徴。
(4) 曲線キルトで体にフィット
寝返りを打っても、体にまとわりやすく、離れにくい、しなやかな曲線の「スパイダーキルト」を採用しています。

「あったかすっぽりケット」の構造

2.価格・仕様
参考上代  6,980円(税込み)
 オレンジベージュ、ブラウン、パールベージュ
サイズ  110cm×145cm
 素材  中綿:ポリエステル100% 側地:ポリエステル100% 

3.販売目標
2012年度 1.5億円(上代ベース) 
当件に関するお問合せ先
・報道関係のお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

・お取引関係のお問合せ先
帝人株式会社 生活製品部 アメニティ課 06-6268-2503

・ご購入希望のお問合せ先
ライフエッセンス株式会社(当該商品取扱い窓口) 06-6263-5556

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。