2012年10月18日

CFRTP技術が「日経地球環境技術賞」を受賞!

帝人株式会社が世界に先駆けて開発した、熱可塑性樹脂による炭素繊維複合材料(CFRTP)を1分以内で成形する量産技術が、このたび、日本経済新聞社が主催する「2012年日経地球環境技術賞」において「優秀賞」を受賞しました。

授賞式の様子
これは、帝人のCFRTPの中間材料、および独自に開発した成形技術、接合技術が、大量生産が前提となる自動車の車体骨格を短時間で成形することを可能とし、さらに製造プロセスにおけるコスト、エネルギー消費量、およびCO2排出量の削減を可能とする「ものづくり」の実践的な取り組みとして高く評価されたことによるものです。
「日経地球環境技術賞」は、地球環境問題に関する調査、研究、技術開発、ならびにものづくりについて、実践的な取り組みの独自性、実現性などを総合的に評価するもので、今年で22回目を迎えます。今回は、地球環境問題に詳しい大学や研究機関の有識者による審査を経て、5件が優秀賞として選出されました。帝人グループとしては、2005年(第15回)に「ポリエステル原料のリサイクル技術の開発・実用化」で、優秀賞を受賞しており、今回で2回目の受賞となります。
帝人グループは、企業理念として「地球環境との共生を図る」ことを掲げており、2007年には、「環境保全」「環境配慮設計」「環境ビジネス」を3本柱とする「環境経営宣言」を発表し、地球環境に配慮した事業活動を推進しています。今後も、実践的な取り組みを通じて、地球環境への負荷低減に貢献するものづくりを推進していきます。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。