2012年10月23日

世界最高レベルのUVカット性能を実現! 新規UVカットフィルムを開発

帝人デュポンフィルム株式会社(本社:東京都千代田区、社長:室岡 博文)は、このたび、世界最高レベルの紫外線(UV)カット性能を持つ高機能フィルムを開発しました。これにより、従来、UVカットフィルムには必須であったコーティング工程などが不要となり、生産工程のトータルコストダウンを期待することができます。
UVカットフィルムは、窓ガラス用フィルムやエレクトロニクス材料の保護フィルムとして使用されていますが、今後、有機ELや電子ペーパーといった次世代ディスプレイなどの高機能デバイスや、次世代太陽電池に用いられる高分子導電材料や有機半導体材料の保護用途を中心に、さらなる需要拡大が期待されています。こうした中で、これまでのフィルムは、UVカット性能を上げると可視光透過率が低下してしまうことが課題となっていました。
このたび開発したフィルムは、独自のUV吸収剤設計技術により世界最高レベルのUVカット性能(吸収波長領域390nm)を実現し、有害な紫外線をほぼ100%カットすることが可能となると共に、従来のフィルムと同等以上の可視光透過率を確保しました。また、フィルム自体にUVカット性能を付与することにより、従来のフィルムのようなUVカット層のコーティング加工が不要となり、加工時に発生する不純物の発生量も従来のフィルムの10分の1以下に低減できるため、生産工程のトータルコストダウンを期待することができます。
今後、スケールアップを進め、2013年度の発売を予定しており、エレクトロニクス材料の保護フィルムを中心に、2020年度には25億円の売上を目指しています。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。