2013年1月22日

循環型リサイクルシステム「エコサークル®」が
「eco japan cup 2012」で「環境ビジネスアワード」を受賞!

帝人株式会社が展開するポリエステル製品の循環型リサイクルシステム「エコサークル」*が、このたび、環境省・国土交通省・総務省などが主催する「eco japan cup 2012」において「環境ビジネスアワード」を受賞しました。
「eco japan cup 2012」は、地球温暖化等環境問題を解決するため、経済のエコ化を推進する目的で環境ビジネスなどを支援するコンテストイベントです。その中で「環境ビジネスアワード」は、大企業の環境ビジネスを表彰することにより、環境分野における企業の事業推進のインセンティブとなることを期待するとともに、ロールモデルを示すことで、他企業に環境ビジネスへの取り組みを促すことを目的としています。
ポリエステル製品の循環型リサイクルシステム「エコサークル」は、現在事業化されている環境ビジネスにあって、社会的認知があり、一定の功績が認められる事業として選定され、このたびの受賞に至りました。
表彰式は、2月22日にホテルイースト21東京(東京都江東区)において開催されます。
帝人は今後も環境負荷低減に寄与する「環境ビジネス」を推進し、持続可能な社会の実現を目指して積極的な取り組みを継続していきます。

*「エコサークル」
帝人が世界で初めて開発した、ポリエステルのケミカルリサイクル技術を核とした循環型リサイクルシステム。賛同する国内外アパレルメーカーやスポーツメーカーなど150社以上と共同で、商品の開発およびその回収・リサイクルを進めている。化学的に分子レベルまで分解し、石油から製造するものと同等の品質の製品に再生できるため、従来のリサイクルの課題であった品質劣化を回避でき、また、何度でも繰り返しリサイクルできるため、石油資源の使用を抑え、廃棄物を削減することができる。
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。