2013年2月14日

室内への花粉の侵入を抑えるカーテン素材
「エフコット®」の開発と販売について

帝人フロンティア株式会社は、このたび、花粉対策用のカーテン素材「エフコット」を開発し、レースカーテン向けに今年3月より販売を開始します。
「エフコット」は、独自の繊維構造で花粉を捕捉し、室内への花粉の侵入を抑えるカーテン用ポリエステル素材です。一般的なカーテン用のポリエステル素材と比較して2倍以上の花粉を捕捉することができます。
帝人フロンティアは、今後も高機能なカーテン素材を拡充し、積極的に展開していきます。

疑似花粉による付着試験(電顕写真)

通常品

「エフコット」
クリンプ(縮れ)が一般的なカーテン用
ポリエステル素材の2倍以上の花粉をキャッチ!


【 素材の特長 】
独自の繊維構造で花粉を捕捉します
繊維のクリンプ(縮れ)構造が花粉を捕捉し、屋外から室内への花粉の侵入を抑えます。一般的なカーテン用のポリエステル素材と比較して、2倍以上の花粉を捕捉します。
長期使用による機能性劣化がありません
捕捉した花粉は洗濯で簡単に落とすことができ、洗濯後は捕捉機能が戻ります。また、後加工ではなく繊維の構造により花粉を捕捉するため、何度洗濯しても捕捉機能を維持することができます。
お手入れが簡単です
丈夫で速乾性に優れるポリエステル繊維のため、家庭洗濯機で手軽に洗濯でき、手入れが簡単です。
コットンライクで上品な風合いを有します
コットンのように上品な風合いのため、ナチュラルからモダンまで、さまざまなインテリアに美しく調和します。
難燃機能も付与できます
難燃ポリエステル繊維「スーパーエクスター」と組み合わせることにより、花粉捕捉機能に加えて難燃機能を付与することができます。

【 販売目標 】
2013年度:50トン/年、2014年度:100トン/年

当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。