2013年2月18日

三原市初のメガソーラーで再生可能エネルギーの普及に貢献
三原事業所での大規模太陽光発電所の建設について

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)は、このたび、三原事業所(広島県三原市)において、三原市としては初めてとなる大規模太陽光(メガソーラー)発電所を建設することとしました。
三原事業所の遊休地(約37,500m2)に発電能力1,990kWのメガソーラー発電所を建設し、2013年7月に発電を開始する予定です。
発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を活用して、全量を中国電力株式会社に売電します。
帝人は遊休地を活用したメガソーラー発電所の建設を通じて、三原事業所の産業競争力を強化するとともに、再生可能エネルギーの普及に貢献していきます。

【 メガソーラー発電所の概要 】
設置場所  三原事業所 旧ナイロン製糸工場跡地
面積  約37,500m2
発電能力  1,990kW 
推定発電量  約290万kWh/年<20年間平均> (一般家庭約530世帯分)
CO2削減量  約910トン/年<20年間平均>
 投資額  7億円
 工事期間  2013年3月着工、2013年7月竣工予定
 稼働時期  2013年7月発電開始予定

【 三原事業所の概要 】
所在地  広島県三原市円一町1丁目1番1号 
代表者  事業所長 熊本 靖浩
主な製品  人工皮革用不織布、タッチパネル基板用導電性フィルム、
 コンパウンド樹脂、代替フロン、タイヤコード等の産業資材、
 カーペット用加工糸
敷地面積  606,837m2
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。