2013年3月11日

「エコプロダクツ国際展」に出展します

帝人グループは、3月14日~16日にシンガポールで開催される「第8回エコプロダクツ国際展」(Eco-products International Fair)に出展します。

イメージ
「エコプロダクツ国際展」は、アジア地域における最大級の国際環境展示会で、国際機関であるアジア生産性機構の主催により、これまでマレーシア、タイ、シンガポール、ベトナム、フィリピン、インドネシア、インドで開催されています。
今回の出展で帝人グループは、「クリーンモビリティ」「資源の有効活用」「生活の質の向上」を主要テーマとして、モビリティの軽量化による燃費向上およびCO2排出量の削減、リサイクルによる石油資源の消費および廃棄物の排出の抑制といったソリューションなどを紹介します。
帝人グループは1997年にポリカーボネート樹脂の製造・販売を行うテイジン・ポリカーボネート・シンガポールを設立し、アジアをはじめ、北米や欧州各国に製品を輸出しています。また、2010年には炭素繊維・複合材料事業を展開する東邦テナックスが、シンガポールに事務所を開設し、東南アジア地域における炭素繊維の需要調査や顧客開拓を行っています。
帝人グループはアジア・新興国を成長戦略における重要市場と位置付けており、高成長が見込まれる東南アジア地域においても、プレゼンス向上およびビジネス拡大を推進していきます。
【帝人グループが「エコプロダクツ国際展」で提案する環境ソリューション】
テーマ 展示内容
クリーンモビリティ ポリカーボネート樹脂「パンライト」、炭素繊維「テナックス」、高機能クッション材「エルク」「V-Lap」による自動車・航空機・鉄道の軽量化
資源の有効活用 ポリエステル製品の循環型リサイクルシステム「エコサークル」、バイオプラスチック「バイオフロント」「PLANTPET」「PLANEXT」、水処理技術
生活の質の向上 超極細ポリエステルナノファイバー「ナノフロント」の遮熱効果による快適な生活への貢献 他
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。