2013年3月11日

濡れても破れにくいリサイクルポリエステル繊維100%の印刷用紙
「レーザーエコペット®」の開発と販売について

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)は、このたび日清紡ポスタルケミカル株式会社(本社:東京都中央区、社長:大賀 通宏)と共同で、リサイクルポリエステル繊維を使用した、高い耐水性を有する印刷用紙「レーザーエコペット」を開発しました。
「レーザーエコペット」は、帝人が展開しているリサイクルポリエステル繊維「エコペット」*1を原料として100%使用した、レーザープリンター対応の印刷用紙です。通常のパルプ製の印刷用紙と比べて高い耐水性を有し、濡れても破れにくいため、野外や水回りなどでの使用に適しています。
3月12日より、日清紡ポスタルケミカルが紙の専門商社やプリンターメーカーなどを通じて販売を開始します。

*1 「エコペット」:回収された使用済みペットボトルを原料とし、マテリアルリサイクル技術により再生したポリエステル繊維。新たな石油を使わず、資源を有効活用して環境負荷低減に貢献する。
 
1.商品特徴

使用済みペットボトルを原料として100%用いた環境配慮製品です
回収された使用済みペットボトルを原料としたリサイクルポリエステル繊維「エコペット」を100%使用した環境に配慮した製品です。

高い耐水性を有しています
ポリエステル製のため、パルプ製の印刷用紙に比べて高い耐水性を有しています。濡れても破れにくいため、屋外や水に濡れやすい場所などでの使用に適しています。
手差しの必要がなく、簡単に印刷できます
通常の印刷用紙と同等の薄さであるため、レーザープリンターで印刷する際にも手差しの必要がなく、カセットに収めて簡単に印刷することができます。
フィルム製の印刷用紙にはない特性や風合いを実現しました
従来、耐水用として使用されているフィルム製の印刷用紙では難しかった、折り目付けや糊付け、ボールペンや鉛筆などによる書き込みが可能です。また、機械抄き和紙の製法で作られた湿式不織布*2であるため、フィルム製の印刷用紙では表現できない柔軟性と風合いを備えています。

*2 湿式不織布:繊維を水に入れて抄き上げる製法による不織布。製造方法が紙と非常に似ているため、紙のような風合いの薄くて均一なシートを作ることができる。


2.用途展開
災害対策用品(ハザードマップ、トリアージタグなど)、アウトドア用品(地図・記録用紙など)、屋外ポスター、屋外記録用紙、生鮮・冷凍食品の値札やラベルなどを用途として想定しています。
 

3.販売展開
日清紡ポスタルケミカルが、3月12日より紙の専門商社やプリンターメーカーなどを通じて販売を開始します。
 

(1) サイズおよび価格
A4:70円/枚、 A3:135円/枚 (消費税別・標準販売価格)
(2) 販売単位
100枚/包装×5冊/箱
当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 広報室 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。