2013年4月19日

ダイバーシティハンドブック「together」の発行について

帝人グループは、ワークライフ・バランス施策や、年齢や経歴・障がい・国籍・人種などに関わらず活躍できる組織風土への改革を進めるため、ダイバーシティ推進活動に積極的に取り組んでいます。その活動に関する啓発やPRの一環として、毎年ダイバーシティハンドブックを発行していますが、このたび2013年度版として「together2013 ~それぞれの明日を創るために~」を制作・発行しました。

together2013 1.内容

(1) これからのダイバーシティ
人事担当役員が帝人グループのダイバーシティ・マネジメントの方針を語るとともに、ダイバーシティ研究の第一人者である山口一男氏(シカゴ大学・社会学教授)からいただいた、ダイバーシティ推進のための提言を紹介しています。
(2) together座談会
山口一男氏をゲストに招き、「新しい働き方が活気あふれる職場をつくる」と題して、当社のダイバーシティ推進委員3名との座談会を実施。社員一人ひとりの意識や行動を変えるために必要なことについて、グループ社員を対象に実施したアンケート結果に基づく「ダイバーシティなエピソード」を交えながら紹介しています。
(3) ダイバーシティ・グローバル・レポート
世界中のグループ会社で取り組んでいるダイバーシティ推進状況の一例として、中国・上海にある帝人商事(上海)有限公司において産業繊維の営業担当として奮闘する一方、プライベートでは出産を控えている社員に、仕事のやりがいや家庭との両立についてインタビューしています。
(4) データで見るテイジンのダイバーシティ(女性活躍)推進度
女性の長期勤続者の割合や育児休職取得者数、女性管理職・総合職の割合などのデータから、ダイバーシティマネジメントの1つの要素である女性活躍推進度について紹介しています。

2.仕様

(1)体裁: A4版縦、12ページ、フルカラー
(2)発行部数 : 日本語版 13,000部(国内グループ会社の社員全員に配布)
  英語版 200部(海外グループ会社の管理者に配布)


当件に関するお問合せ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。