2013年5月13日

アジア最大のプラスチック見本市

「チャイナプラス2013」に出展します!

帝人グループは、5月20日~23日に中国輸出入商品交易会展示館(中国・広州市)で開催されるアジア最大のプラスチック見本市「チャイナプラス2013」に出展します。(ブース番号:11.2J41)
帝人グループは、中長期経営ビジョンにおいて「地域ポートフォリオ変革」を掲げており、アジア・新興国、特に中国を重点地域と位置付けた戦略を一層加速することとしています。14回目の出展となる今回は、「モビリティ」「情報・エレクトロニクス」「環境・エネルギー」といった中長期経営ビジョンにおける注力分野を中心に、樹脂、フィルム、炭素繊維などの帝人グループの素材を“One Teijin”として展示しています。

展示ブース

【主な展示内容】
・自動車関連材料
シトロエンの新型車種「DS5」など、世界中の様々な車種にガラス代替材料として使用されているポリカーボネート樹脂「パンライト」や、パノラマルーフ、リアガーニッシュなどの大型成形品を展示します。

・LED照明関連材料
中国では、環境意識の高まりからLED照明に対する需要が高まっています。ライティングコーナーでは、直管、ランプ、シーリングライトなど、様々なタイプに対応する、高い光拡散性、業界最薄、高い難燃性(UL規格V-0、厚み1.0mm)などのLED照明に適した特性を有する樹脂材料を展示します。

・特長ある樹脂材料
脱石油素材として、自動車部品、エレクトロニクス製品部材、医療用製品など、幅広い用途への活用を期待するバイオプラスチック「バイオフロント」「PLANEXT」を展示します。また、食器やボトルへの採用が拡大しているPEN樹脂「テオネックス」も展示します。

上記の他、スマートフォンやタブレットPC向けに開発した光学レンズ用グレードや、当社が独自に開発したニッケル被覆炭素繊維を使用し、電磁波シールド性能を従来の1.5倍に高めた樹脂複合材料など、様々な樹脂材料を展示します。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。