2013年5月15日

「人とくるまのテクノロジー展2013」に出展します

帝人デュポンフィルム株式会社は、5月22日~24日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される日本最大の自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2013」に出展します。(ブース番号:153 *デュポングループブース内)

当社は、帝人株式会社と米国デュポン社がグローバル展開するポリエステルフィルム事業合弁の中核となる日本法人として、両社が重点領域の1つと位置付けている自動車分野に貢献する高機能素材、技術およびその用途を提案します。

【主な出展内容】
・PEN(ポリエチレンナフタレート)フィルム「テオネックス」
「テオネックス」は、帝人グループが世界に先駆けて開発した高機能フィルムで、耐熱性や寸法安定性・高強度などに優れた特性を示します。
これらの特性を活かし、駆動モーターや高出力モーターの絶縁用耐熱フィルムや、ワイヤーハーネス代替、着座センサーなど、自動車用の材料として幅広く展開している他、エレクトロニクス材料やデータ保存用高密度テープなど、様々な用途に展開しています。本展示会では、「テオネックス」を使用したフラットハーネスやリチウムイオンバッテリーの軽量化、高耐熱・高耐電圧コンデンサなどを提案します。

・高機能PET(ポリエチレンテレフタレート)フィルム「テフレックス」
「テフレックス」は、成形性や強度、寸法安定性、密着性に優れる高機能ポリエステルフィルムです。
これらの特性を活かし、めっきや塗装を施すことなく、車体や部材に金属光沢感を付与できる加飾用素材として顧客の環境負荷低減ニーズに応えると共に、金属調の「テフレックス」で樹脂成形品を加飾することにより、金属部品を使用せずに金属光沢感を出すことが可能となることから、車体の軽量化にも貢献します。本展示会では、デュポンイノベーションセンターと共同開発した、成形可能なインクジェット加飾フィルムを提案します。

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。