2013年7月25日

展望デッキを併設し再生可能エネルギーの啓発にも貢献

三原事業所の大規模太陽光発電所が操業開始

帝人株式会社 三原事業所(広島県三原市)は、7月1日より、三原市としては初めてとなる大規模太陽光(メガソーラー)発電所の操業を開始し、本日操業式を開催しました。
操業式には来賓として、広島県の中下 善昭 副知事や三原市の天満 祥典 市長をはじめとする、県および市の関係者もお招きし、総勢約40名が参加しました。
当発電所は、三原事業所の遊休地(約37,500m2)を活用して建設したもので、発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を活用し、全量を中国電力株式会社に売電します。7月1日~15日の発電実績は、想定を20%強上回る178,000kWh(約11,800kWh/日)に達し、順調に稼働を続けています。
また、発電所には見学用の展望デッキを併設し、発電量が一目でわかるデジタル掲示板や説明パネルを設置しています。既に三原市の小学校や商工会議所の方々の施設見学が予定されていますが、当施設を市民の皆さんにご覧いただくことにより、再生可能エネルギーの普及と啓発活動にも貢献できると考えています。
 

展望デッキ テープカットの様子
【 メガソーラー発電所の概要 】
設置場所 : 三原事業所 旧ナイロン製糸工場跡地
面積 :  約37,500m2
発電能力 :  1,990kW
推定発電量 : 約290万kWh/年<20年間平均> (一般家庭約530世帯分)
CO2削減量 : 約910トン/年<20年間平均>

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。