2013年7月29日

シンガポール現地法人の設立について

東邦テナックス株式会社は、炭素繊維事業のグローバル展開強化の一環として、成長著しいアジア地域における営業展開を強化するため、このたび東邦テナックスシンガポール(Toho Tenax Singapore Pte. Ltd.)を設立しました。これにより、今後、需要の急増が予想されるインド・ASEANを中心としたアジアにおける事業体制の強化を図ります。
成長著しいアジア地域においては、圧力容器や風力発電、家電筐体などの一般産業用途を中心に、今後、炭素繊維の需要が急増すると予想されています。当社では、こうした需要増や用途拡大に対応すべく、インド、およびシンガポール・タイ・ベトナムなどのASEAN、オセアニア地域における既存顧客のフォローや、今後の炭素繊維の需要拡大の可能性を調査するため、2010年7月にシンガポール事務所を開設しました。そして、このたび旺盛な需要を背景に、より迅速に顧客ニーズに対応するため、現地法人を設立することにしたものです。
 

【東邦テナックスシンガポールの概要】
所在地 : 13 Lorong 8 Toa Payoh, #07-01 Braddell Tech Park, Singapore 319261
社長 : Mr. Khoo Boo Keong
事業内容 : インド、ASEAN、オセアニア地域における市場開拓および市場調査

【東邦テナックス株式会社 代表取締役社長 鈴木純 のコメント】
リーマンショック以降、炭素繊維業界全体が低調に推移してきましたが、その中で実行すべきことを見極めて力を注いできました。成長地域での市場開拓は最重要課題の一つであり、シンガポール事務所の現地法人化は、その課題解決に向けた大きな一歩と言えます。このたびの現地法人設立により、今後、成長地域であるインド、ASEAN、オセアニア地域において、現地企業との積極的な協業を図り、早期の市場形成を目指します。

当件に関するお問い合わせ先
人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。