2013年8月 8日

人工皮革の特殊加工技術によりランドセルのデザイン性を大きく向上!

帝人グループで人工皮革事業を展開する帝人コードレ株式会社は、家具・インテリア大手の株式会社ニトリとの共同により、2011年より、丈夫さと軽さの両立を実現した人工皮革製ランドセルの開発に取り組んでいます。その成果として、当社固有の特殊加工技術を駆使することにより、ランドセルとしての優れた性能はそのままに、デザイン性を大きく向上させたのが、8月2日に発売された「ニトリのランドセル『わんぱく組』2014年モデル」です。

「わんぱく組 メチャ!ピカ」

「デザイン性は高いがお求めやすい価格帯のランドセル」を求める声に応えて今年新たに誕生した「わんぱく組」のアップグレードモデル「わんぱく組 メチャ!ピカ」(29,900円)およびスペシャルモデル「わんぱく組 キラ☆ピカ+」(39,900円)に、この特殊加工技術が使用されています。「わんぱく組 メチャ!ピカ」(男子用)には、軽量で擦れや破れに強い人工皮革「タフガードライト」の生地表面に、立体感のあるカーボン織物調の柄を加え、ランドセルとしてはこれまでにない高級感のあるスポーティーなデザインを実現しました。一方、「わんぱく組 キラ☆ピカ+」に向けては、パール調の光沢加工を施した人工皮革「タフガードライトデラックス」を新たに開発し、これに撥水加工を施すことにより、雨に強い仕様、および高級価格帯の製品に比べても遜色のないデザイン性を実現しました。

帝人コードレでは、これらの製品を製造する島根県の工場で精密な品質検査を徹底しており、それが6年間にわたり安心して使用することができる丈夫な素材の生産につながっています。

また、帝人コードレが展開しているランドセル向けの人工皮革は、高品質のリサイクル素材を使用していることをはじめ、調達から製造、使用、廃棄に至る製品のライフサイクルを通じて環境負荷低減に向けた配慮が為されており、既に帝人グループの環境配慮設計ブランド「アースシンフォニー」に認定されています。これを受けて、「わんぱく組」には「アースシンフォニー」のロゴマークが表示されており、消費者にも環境に配慮した商品であることが明示されています。

帝人コードレは、今後さらにランドセル向けの人工皮革の技術革新および事業拡大を加速し、早期に国内のランドセル素材市場で30%のシェア獲得を目指します。

当件に関するお問い合わせ先
・報道関係のお問い合わせ
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763
・その他のお問い合わせ
帝人コードレ株式会社  営業部   06-6268-3247
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。