2013年9月19日

使用済みペットボトルのリサイクル素材を使用!

東京国際映画祭に「グリーンカーペット」を提供

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)は、10月17日~25日に六本木ヒルズ(東京都港区)ほかで開催される「第26回東京国際映画祭(TIFF)」に、帝人が展開している再生ポリエステル繊維「エコペット」を使用して製作した「グリーンカーペット」を提供します。これは、レッドカーペットの代わりにTIFFで使用されているもので、今回で6年連続の提供となります。


「エコペット」製グリーンカーペット

「エコペット」は、回収された使用済みペットボトルを原料として、帝人のマテリアルリサイクル技術により再生したポリエステル繊維で、衣料品から産業資材まで幅広い用途に使用されています。原料に新たな石油を使用せず、資源を有効活用することにより環境負荷低減に貢献することができる素材です。

この「エコペット」を使用した「グリーンカーペット」は、10月17日にTIFFのオープニングイベントが開催される六本木ヒルズアリーナほかに敷かれる予定です。今回、帝人は長さ1,800m x 幅90cmの「エコペット」製カーペット素材を提供することとしており、これを500mlのペットボトルに換算すると、約26,000本相当をリサイクルしたことになります。また、これにより、この6年間に帝人がTIFFに提供したカーペット素材は累計10万mとなり、約169,000本相当のペットボトルをリサイクルしたことになります。

さらに帝人は、今回のTIFFに向けて、「エコペット」を使用した素材で東京国際映画祭オリジナルキーホルダーを製作しました。これは、TIFFと東京都交通局との共同企画「第26回東京国際映画祭プレゼントキャンペーン」のプレゼントなどとして使用されることになっています。

TIFFでは2008年から5年間、「エコロジー」をテーマに様々な活動を行ってきました。その精神を継承し、本年も「グリーンカーペット」の使用、会場内でのグリーン募金の実施、電子チケットの導入による紙の削減など、地球環境を意識した取り組みが展開されます。

当件に関するお問い合わせ先
人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。