2013年9月24日

高生産効率を追求した熱硬化性CFRP生産技術が 「AVK Innovation Award2013」を受賞しました

帝人グループで炭素繊維・複合材料事業を展開する東邦テナックス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:鈴木 純)の欧州事業会社であるトーホウ・テナックス・ヨーロッパ社(ドイツ・ブッパタール市、以下「TTE社」)は、新たに開発した高効率の熱硬化性CFRP生産技術により、ドイツの社団法人強化プラスチック工業協会が主催する「AVK Innovation Award 2013」を受賞しました。「AVK Innovation Award」は、ドイツの複合材料業界の発展のため、1995年から同協会が革新的な製品や製造技術に対して授与しているものです。

このたび受賞した熱硬化性CFRP生産技術は、東邦テナックスが開発した炭素繊維に熱硬化性樹脂を付着させた繊維(バインダー繊維)を活用することにより、CFRPの製造工程における炭素繊維の端材の発生を極小化することができるプリフォーム*の自動製造プロセスです。

従来、CFRP製造において大量に発生する炭素繊維の端材が、CFRP製造コストの増加の一因となっていましたが、この技術を用いることにより、金型の形状に合わせて製造できることから、原料である炭素繊維を効率的に使用することが可能となります。また、複雑な形状の部品についても自動的にプリフォーム製造ができることから、これまで手作業で行っていた工程が不要となり、製造コストの低減が可能となります。さらには、ランダムに配向された炭素繊維と一方向に配向された炭素繊維を組み合わせることができるため、部品の形状や要求特性に合わせた最適なプリフォームを製造することができます。

帝人グループは、熱硬化性CFRPに加え、他に先駆けて熱可塑性樹脂を使用した量産性の高いCFRPを開発しており、総力を挙げてCFRPソリューションの展開に取り組んでいます。今後も顧客のニーズに応じた研究開発を進め、2020年近傍には1,500~2,000億円の事業規模を目指すとともに、コンポジット製品事業におけるリーディングカンパニーの地位を確立していきます。

*プリフォーム : 事前に炭素繊維シートを金型に合うように切り取り(トリミング)、賦形すること。

当件に関するお問い合わせ先
人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。