2013年9月25日

アラミド繊維による防火・防護ソリューションを紹介

「東京国際消防防災展2013」に出展します

帝人株式会社は、10月2日~5日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「東京国際消防防災展 2013」に出展します。

この展示会は、東京消防庁が主催するもので、東日本大震災を教訓として各種災害リスクを周知するとともに、高度防災都市の実現に向け、関連技術や産業の振興を促進することを目的としています。

当社は、長期耐熱性や難燃性に優れるメタ系アラミド繊維「コーネックス」と、高強力のパラ系アラミド繊維「トワロン」「テクノーラ」を併せ持ち、長年培ってきたアラミド繊維やその織物、および防護衣料の技術やノウハウを活かし、警察、消防、製造現場などの安全を支える「ライフプロテクション」分野において幅広くソリューションを提供しています。また、国内においては、民間企業で唯一、燃焼マネキンによる火傷評価システムを有しており、防火服市場でトップシェアを獲得しています。

このたびの出展を通じ、特に防火・防護衣料の分野で強みを発揮するアラミド繊維による最新のソリューションを国内外の潜在顧客に紹介することにより、さらなる拡販を図っていきます。

【 主な出展内容 】(展示ブース:2-021)
・次世代防火服向けアラミド繊維織物
世界トップクラスの軽さと遮熱性を両立したアラミド繊維織物「トリプロテック」、およびそれを用いた防火服を展示します。
・熱防護性と染色性に優れるアラミド繊維織物
このほど新たに開発し、2015年7月にタイで生産を開始する、世界最高レベルの優れた熱防護性と安定した高い染色性を有する新規メタ系アラミド繊維を紹介するとともに、それを使用した作業服のサンプルを展示します。
・伸縮性に優れるアラミド繊維ストレッチ織物
アラミド繊維に伸縮性を付与することで優れたストレッチ性を実現した織物を紹介します。救助服や作業服の着用快適性を追求して開発した素材です。
・アラミド繊維による放射線遮蔽織物・ペーパー
アラミド繊維にタングステンを高濃度で配合した、放射線遮蔽織物およびペーパーのサンプルを展示します。鋭利な瓦礫や刃物を扱う作業や、高温体を扱う作業に使用する資材や防護服など、幅広い用途に向けて展開が期待される新素材です。

当件に関するお問い合わせ先
人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。