2013年10月 1日

ポリエステル繊維の販売価格改定について

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大八木 成男)と帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、社長:竹中 哲嗣)は、このたび、以下のとおりポリエステル繊維の販売価格を改定することとしました。

1.リサイクル原綿(帝人)

(1)背景
2013年度より、「日本容器包装リサイクル協会」による使用済みPETボトルの入札が年1回から年2回に変更となり、今年度下期の入札価格は、上期に比べて27円kg上昇しました。その入札価格の上昇に伴い、PETボトルリサイクル原料の価格も上昇しています。
当社もコストダウンに向けて最大限の努力を行っていますが、原料の高騰に加え、電気料金や燃料代の上昇もあり、自社での合理化努力で吸収できる範囲を遥かに 超えていることから、このたび、やむなく原綿価格を改定することとしました。
(2)価格改定の内容
  値上げ幅 : 20~25円kg
実施時期 : 2013年10月1日出荷分より

2.テキスタイル(帝人フロンティア)

(1)背景
原油価格の上昇によるPTA(高純度テレフタル酸)やエチレングリコールなどの原料価格上昇、および為替変動による原燃料価格の高まりを受けて、今春以降、価格改定の交渉を進めてきましたが、充分に浸透するには至っていません。
こうした中、原料価格の高騰に加え、国内の織・編工場や加工場における染料・薬品、梱包材料、および燃料価格も上昇しており、生地製造コストの上昇に拍車がかかっています。
これらのコスト上昇は、自社の合理化努力で吸収できる範囲を遥かに超えており、製品の安定供給を確保するため、やむなく価格を改定することとしました。
(2)価格改定の内容
  対象用途 : ユニフォーム、裏地・資材向け
値上げ幅 : 5~10%
実施時期 : 2013年10月1日出荷分より

当件に関するお問い合わせ先
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 (東京)03-3506-4055 (大阪)06-6268-2763
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。